大阪のしがないおじいさんの日々のブログ

大阪のおじいさんの老後ブログ

Powkiddy RGB10 MAX ゲーム

【3】Powkiddy RGB10 MAXの実機感想レビュー「総括します」

投稿日:

powkiddyrgb10max,rgb10max,中華ゲーム機,中華エミュ機,レビュー,開封,スペック,実機レビュー,レビュー,感想,Rockchip3326,エミュレーター,エミュ,

2回に渡ってご紹介してきましたPowkiddy RGB10 MAX ですが、全ての情報をまとめて総括したいと思います。
1回目の記事はコチラ【1】Powkiddy RGB10 MAXの実機感想レビュー「開封して外観チェック」
2回目の記事はコチラ【2】Powkiddy RGB10 MAXの実機感想レビュー「エミュレータテスト」

Powkiddy RGB10 MAX は海外のECサイトのRetromimiさんの提供でお送りいたします
Powkiddy RGB10 MAX の発売リンクはコチラ。Powkiddy RGB10 MAX の販売ページ

外観

powkiddyrgb10max,rgb10max,中華ゲーム機,中華エミュ機,レビュー,開封,スペック,実機レビュー,レビュー,感想,Rockchip3326,エミュレーター,エミュ,

一番わかりやすい箇所ではやはり液晶が大きくなったことです。
3.5inchから5inchに拡大され、さらに解像度も854 x 480とRGB10に比べて約3倍近くにもなりました。

powkiddyrgb10max,rgb10max,中華ゲーム機,中華エミュ機,レビュー,開封,スペック,実機レビュー,レビュー,感想,Rockchip3326,エミュレーター,エミュ,

大きくなっただけではなく、以前までは輝度の強さと引き換えに色飛びを起こしていましたが、Powkiddy RGB10 MAXの液晶は非常に色が濃く正確に表示されよりゲームへの没入感を深めてくれます。

powkiddyrgb10max,rgb10max,中華ゲーム機,中華エミュ機,レビュー,開封,スペック,実機レビュー,レビュー,感想,Rockchip3326,エミュレーター,エミュ,

オプションボタン全て上部に集約され非常にスタイリッシュになった点も高評価です。

powkiddyrgb10max,rgb10max,中華ゲーム機,中華エミュ機,レビュー,開封,スペック,実機レビュー,レビュー,感想,Rockchip3326,エミュレーター,エミュ,

アナログスティックも左右に配備され、しかも第四世代では操作性も高く一番人気のあるSwitchと同じアナログスティックに変更されさらに操作性が上がりました。

powkiddyrgb10max,rgb10max,中華ゲーム機,中華エミュ機,レビュー,開封,スペック,実機レビュー,レビュー,感想,Rockchip3326,エミュレーター,エミュ,

ボタン全体の感触はほぼRGB10と同じで、操作性は十字キーアナログスティック共に昇竜拳や超必殺技が次々繰り出せるレベルに精度が高い感度です。

powkiddyrgb10max,rgb10max,中華ゲーム機,中華エミュ機,レビュー,開封,スペック,実機レビュー,レビュー,感想,Rockchip3326,エミュレーター,エミュ,

そして個人的に一番好きなポイントはメイン素材の質感で、ベルベットのようなサラサラした塗装は本当に気持ちがよく他の中華ゲーム機には無い一番素晴らしい感触でした。

性能

powkiddyrgb10max,rgb10max,中華ゲーム機,中華エミュ機,レビュー,開封,スペック,実機レビュー,レビュー,感想,Rockchip3326,エミュレーター,エミュ,

スペック的には他の第四世代と同じRockchip3326という事でメモリもGPUも同じで、誰しもがお腹いっぱいだと思いましたが、完全64bitのEmuelec4.0搭載の性能をフルに生かした性能で他の第四世代を寄せ付けな素晴らしい動きを見せてくれました。
これは推測するに64bitに正式に対応した機種にしたのではないかと思います。だからこそ古いEmuelecをインストールできない仕様にしたのかもしれません。

powkiddyrgb10max,rgb10max,中華ゲーム機,中華エミュ機,レビュー,開封,スペック,実機レビュー,レビュー,感想,Rockchip3326,エミュレーター,エミュ,

ただしまだまだ3.5時代の安定性には程遠くメニューで少しあらぶったりスイスイ動いていたエミュで突然即なるなどまだ不安定さも残っていますが、これはPowkiddy RGB10 MAXのせいではなく完全にEmuelecのソフトウェア側の問題でバージョンアップとともに解消されていくでしょう。
逆を言えば今は不安定ですが64bit正式対応の機種を持っていれば今後のバージョンアップの恩恵をフルに受けられると言うことです。
ちなみに、他の機種で64bitEmuelecを入れましたがこんな好スコアは出ませんでした。

総括

powkiddyrgb10max,rgb10max,中華ゲーム機,中華エミュ機,レビュー,開封,スペック,実機レビュー,レビュー,感想,Rockchip3326,エミュレーター,エミュ,

私も含めて誰しもがPowkiddy RGB10 MAXは「ただ液晶を大きくした第四世代だろう」と高をくくっていました。
しかしふたを開ければ0からしっかりと作り上げられた素晴らしい第四世代で、外観しかり、性能も第四世代で一番素晴らしい凄きを見せ、それはまさにRK3326第四世代の集大成と呼ぶにふさわしい中華エミュ機でした。

powkiddyrgb10max,rgb10max,中華ゲーム機,中華エミュ機,レビュー,開封,スペック,実機レビュー,レビュー,感想,Rockchip3326,エミュレーター,エミュ,

ではこのPowkiddy RGB10 MAXは誰が買うのか?
既に多くのユーザーが第四世代を手にしていると思います。そうしたユーザーはそこまで躍起になってPowkiddy RGB10 MAXを購入しなくても良いと思いますが、そうでなない人たち。つまり「第四世代はまだこの後も出るだろうから様子見しておこう」とずっと第三世代で遊んでいたユーザーは実は多く存在していると思いますが、そんな世代にPowkiddy RGB10 MAXはまさにど真ん中の商品と言えます。

今後ももしかしたら第四世代で新機種は出るかもしれませんが、このPowkiddy RGB10 MAXは私が見る限り第四世代の全ての技術を踏襲した完成形と思うので、ここで1つ手を打つというのも良いと思いますよ。
興味ある方は購入を検討してみてはいかがでしょうか。

こちらPowkiddy RGB10 MAXは海外のECサイトのRetoromimiさんで発売中です。
お値段は13,056円です。
Powkiddy RGB10 MAX の販売ページ
Retromimiさんは中華ゲーム機では老舗の信用できるショップでpaypalやカード支払い可能です。送料も込み表示です。
ただし値段がドル表示なので円とドルの為替相場で金額が多少変動します。

これら記事は下記のお爺さんの公式Youtubeチャンネルで全て実際にプレイしている動画を挙げてますので、合わせて参考にして下さい。
まだチャンネル登録お済でない方は登録していただけますと嬉しいですし、高評価頂けますと次作品への元気になります。
ゲーム老人チャンネルhttps://www.youtube.com/channel/UC12oO7Nhb7-guQ8NNbm2_GQ



-Powkiddy RGB10 MAX, ゲーム

Copyright© 大阪のおじいさんの老後ブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.