大阪のしがないおじいさんの日々のブログ

大阪のおじいさんの老後ブログ

MIYOO MAX(PocketGo V2) ゲーム パソコン

MIYOO MAX (PocketGo V2 ) 新しい中華ゲーム機器の徹底感想レビュー 【6】

更新日:

pocketgo v2,v2,miyoo,max,miyoomax,miyoo max,Pocketgo,pocket go,bitboy,ポケットゴー,レビュー,感想,徹底レビュー,商品レビュー,whatsko,中華ゲーム機,エミュレータ,エミュ,エミュレーター,携帯ゲーム機,携帯ゲーム,rs-97,神機,レビュー,紹介,商品紹介,ハック,バージョンアップ,Firmwear,カスタムファームウエア,CFW,FW,ファームウェア,やり方,方法,使い方,操作方法,説明,DiskGenius,balenaEtcher,DinguxCmdr,

それでは今回も前回に続き中華ゲーム機器の新商品MIYOO MAX (PocketGO V2)について総括をしていきたいと思います。

この記事の最下部に管理人の私が始めたYoutubeで紹介しているこちらの記事の動画を添付しておきますので参考にしてください。
もしもよろしければチャンネル登録高評価押していただけますと次回作への元気になりますのでよろしくお願いいたします。

ちなみにここまでの記事はコチラ

MIYOO MAX (PocketGo V2 ) 新しい中華ゲーム機器の徹底感想レビュー 【1】
MIYOO MAX (PocketGo V2 ) 新しい中華ゲーム機器の徹底感想レビュー 【2】
MIYOO MAX (PocketGo V2 ) 新しい中華ゲーム機器の徹底感想レビュー 【3】
MIYOO MAX (PocketGo V2 ) 新しい中華ゲーム機器の徹底感想レビュー 【4】
MIYOO MAX (PocketGo V2 ) 新しい中華ゲーム機器の徹底感想レビュー 【5】
MIYOO MAX (PocketGo V2 ) 新しい中華ゲーム機器の徹底感想レビュー 【6】

ただ、あまりにRG350が盛り上がりすぎているのと、まだMIYOO MAX (PocketGO V2)が出て間もない事からカスタムファームウエアが一つも出ていません。
どの中華ゲーム機器もそうですが1.00というハード開発会社が作ったファームウエアはどこかまだベータ版のような感じで完成形ではありません。
なのでこの未完成のOSを世界中の有志達がこぞって新しいカスタムファームエアを作り完成形に持っていくのですが、まだRG350のほうがカスタムファームウエア更新真っただ中で、あまりMIYOO MAX (PocketGO V2)に目を向けられていない感じを受けます。

実はこっそりと数日前にMIYOO MAX (PocketGO V2)のカスタムファームウエアが発表されたのですがバグがあったのかデータが消されていました。なのでRG350がある程度落ち着いたら次はMIYOO MAX (PocketGO V2)の方にグッと有志の方の注目が集まるでしょうが現状はこの1.00で遊ぶことになります。
バグではないですが照明の明暗設定がないこと、MicroSDカードの抜き差し時に本体がフリーズするなど症状を確認しています。(MicroSDカードは意外ですが電源を入れて引き抜く方がフリーズしません。(左のスロットは出し入れ厳禁!))
照明の明暗はなぜか海外サイトでは出来るとなっていますが、現状できないのでひょっとしたらその一瞬にでたカスタムファームウエアがそこに対応していたのかもしれませんが今はわかりません。

 

ただ、これらの少しのデメリットを個人的にはMIYOO MAX (PocketGO V2)は払しょくするしていると思います。

ココまでに記事に書いた通り、アナログスティックがPSP形状になり、格闘ゲームがスムーズに遊べるようになったからです。この恩地を受けたい人はRG350購入者の中にも多くいると思います。私もそうでした。だからこのMIYOO MAX (PocketGO V2)を購入したのです。
そうです、性能が全く同じなのにMIYOO MAX (PocketGO V2)をどうしても手元で試したと考えたのは、RG350という完ぺきなゲーム機で唯一私が不満と思っていた点をMIYOO MAX (PocketGO V2)が見事に修正してくれたからです。

pocketgo v2,v2,miyoo,max,miyoomax,miyoo max,Pocketgo,pocket go,bitboy,ポケットゴー,レビュー,感想,徹底レビュー,商品レビュー,whatsko,中華ゲーム機,エミュレータ,エミュ,エミュレーター,携帯ゲーム機,携帯ゲーム,rs-97,神機,レビュー,紹介,商品紹介,ハック,バージョンアップ,Firmwear,カスタムファームウエア,CFW,FW,ファームウェア,やり方,方法,使い方,操作方法,説明,DiskGenius,balenaEtcher,DinguxCmdr,

個人的には待ち時間などに少しゲームをすることが多く、更には格闘技ゲーム世代ですのでアナログスティックの微妙な感触というは譲れない部分だったのでこのMIYOO MAX (PocketGO V2)は、OSは別にして本態性のという点では個人的にはRG350の完成形といった印象です。

普通はRG350と同じ性能で、比較して値段が安いからというので目が行くMIYOO MAX (PocketGO V2)ですが、最もこのゲーム機の特徴というものはこのアナログスティックと私は思います。
つまりRG350を持っている人でも、このMIYOO MAX (PocketGO V2)を購入する価値はあると私は感じます。実際私はそう感じています。

あとはカスタムファームウエアさえ揃ってくればRG350よりもMIYOO MAX (PocketGO V2)を手にして遊ぶ機会の方が多いと思います。

 

いかがだったでしょうか。MIYOO MAX (PocketGO V2)、なかなか面白い商品です。
私はこのアナログスティックがあるだけでも万々歳なのに更にお値段が安い、という事もあってこれは良い商品だなーと感じます。

当然記事にしたようにRG350はそれを凌駕する十字キーの高性能でアナログスティック問題をクリアにしていますが、わたしはやはりアナログスティックでするの好きだなとMIYOO MAX (PocketGO V2)でFBAをプレイして思いましたね。
そしてまだRG350もMIYOO MAX (PocketGO V2)も購入していない人でどちらかで迷ったら、これら記事を参考にしてみてください。
商品はamazonの中華ゲーム商品では老舗になりつつあるLUCKYさんから手に入れました。
昔は中華ゲーム機というと当たりはずれが多くその後のカスタマーもなく、壊れていたら、壊れたらはい終わりという感じの商品でしたが、このLUCKYさんもWhatskoさんに負けず劣らず故障や機器トラブルの対応が非常に早く、何かあった時でも日本語でメールがすぐに帰ってきて驚きましたのでとっても中華ゲーム機器初心者の方々にもおすすめのショップです。
LUCKY MIYOO MAX ポータブルゲーム機 OpenDinguxシステム 万種以上のゲーム贈 ダブルTFスロット IPSスクリーン 3.5インチ

MIYOO MAX(PocketGo2 PLAY GO)のカスタムファームウエア ROGUE EDITION のインストール方法

MIYOO MAX (PocketGo V2 ) 新しい中華ゲーム機器の徹底感想レビュー 【1】
MIYOO MAX (PocketGo V2 ) 新しい中華ゲーム機器の徹底感想レビュー 【2】
MIYOO MAX (PocketGo V2 ) 新しい中華ゲーム機器の徹底感想レビュー 【3】
MIYOO MAX (PocketGo V2 ) 新しい中華ゲーム機器の徹底感想レビュー 【4】
MIYOO MAX (PocketGo V2 ) 新しい中華ゲーム機器の徹底感想レビュー 【5】
MIYOO MAX (PocketGo V2 ) 新しい中華ゲーム機器の徹底感想レビュー 【6】

管理人の私が始めたYoutubeチャンネル「ゲーム老人チャンネル」で紹介しているこちらの記事の動画を添付しておきますので参考にしてください。
もしもよろしければチャンネル登録高評価押していただけますと次回作への元気になりますのでよろしくお願いいたします。
https://www.youtube.com/channel/UC12oO7Nhb7-guQ8NNbm2_GQ



-MIYOO MAX(PocketGo V2), ゲーム, パソコン

Copyright© 大阪のおじいさんの老後ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.