大阪のしがないおじいさんの日々のブログ

大阪のおじいさんの老後ブログ

日常

大阪で店頭で草野球用マイ木製バットを作れるKTRさんに行って見ました

更新日:

大阪で店頭で草野球用マイ木製バットを作れるKTRさんに行って見ました

先週の試合で恩師から頂いた木製バットが折れました・・・。

漫画のような「ばきっ!」って感じではないのですが、内角のストレートを強引に振りぬいたときに「ぱしっ!」って大きい乾いた音が鳴ったので、「逝ったな」と感じ、ベンチに戻ってきた時に見たらやっぱり折れておりました。

 

もったいないし、まだいけるかな?と思いましたが上手い子が「それで打ったら折れやすいし、ピッチャーに危ないですよ」と言われ、確かにそれはそうだ!となって、ご臨終となりました。

で、当初は木製といったらちょっと偏見の目もあったのですが使えば使うほど、金属バットには無い温かみを感じるようになり凄く気に入った一品になっていました。

 

素人上がりの僕ですので、大きく金属とここが違う、というのは上手くかけませんが、個人的にすきなのは、やはりなんと言うか大事な自分の道具、という感覚みたいな愛着がありました。

恩師の方に「ココで買ったんだよ」と何度かバット屋さんの前を通ったりしたんですが、毎回開店はしているものの店員さんが出張中で、お店には鍵が閉まっている、という不思議なお店。

 

やっぱり次もここで自分用のバット欲しいな!と思い立ち、昨日アルバイトの近くにそのお店があるので突撃でバイト前に行って見ました。
そしたら何と奇跡的に店員さんがおられて初めてお店の中に入れました。

スーパーの横手にある小さな小さなテナントのお店で、スポーツショップと言うには程遠い、空のテナントにとにかくお店的な最小限のものが置いてある以外はひたすら木製バットが置いてあり、

「ここは木製バット屋さんです。」

という、潔さがみなぎる店内でした。初めての人は緊張するかもしれません。

 

お店の方は若く優しい雰囲気の方です。
木製バット屋さん!というと、眉間にラオウ並みのしわを寄せたいかついおじさんが出てきそうですが、そんな事はありませんでした。

前のバットのお話をして、では今回どうするか?とお話が始まります。

始めは幾つかの選択肢があって、それを選んでいくのかな。

 

はたまた、そういった選択肢にあいたいする商品があってこれ下さい!的な感じで持ち帰れるのかな。と思っていましたが。
店員さんが僕のプレースタイルや体格、野球経験などを考慮してとことんバットのお話をしてくれます。

そして、その原理をそこにある沢山の形状のバットを触らせてもらって口先だけではない理論を体感させてくれます。
あれよあれよ言う間に40分近くは話したでしょうか。

最終的には、ミドルバランス800g、グリップは多少太め、グリップエンドはスマートなタイプに決まりました。

 

その他、多様なカラーも選べ、何とお値段8800円!!!

「安い・・・・」

出来上がりは3~4週間ほどのようです。
その間は金属バットで我慢することにします・・・。

 

お店は大阪本町にあるKTRというお店です
結構不在の事が多いので、事前に向かう日を伝えメールでその日なら何時ごろお店に居るのかを聞いておいた方が良いです。

僕の場合は注文して、その場でお支払いしました。
早期購入希望の方は購入代金を持っていきましょうね。

セミオーダーが6800円
フルオーダーが8800円です。
(2016年6月時点)

 

セミオーダーは、重さ、長さの調整が可能です。
それ以外の自分仕様はフルオーダーになります。

たった2000円+で自分だけの1本が出来るのならばフルオーダーの方が断然お得かな、と個人的には感じました。
あと、ここでも書きましたが、店長さんは本当に野球の事を良く知っており、色々な話をしてくれます。

ですので、フルオーダーが希望の人は時間に余裕のある時に行きましょう。
そしてじっくりと店長さんをお話をしながら、自分の一本を作ってみてください。

2019/3/14
追記:久し振りに新しいバットを作ろうかなとホームページを見てびっくり。何とお値段が2倍近い15000円になっていました・・・。
さすがにこれはきつい・・・・。
少し調べたらフルオーダーで8000円の軟式用バットはごろごろあるので、残念ですがKTR様とはおさらばです。
売り上げが良いからこうなったのか、それとも悪いからの値上げなのかわかりませんが、残念なお知らせでした。



-日常

Copyright© 大阪のおじいさんの老後ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.