大阪のしがないおじいさんの日々のブログ

大阪のおじいさんの老後ブログ

食レポ

【大阪ラーメン紀行】ラーメンつけ麺 笑福 西本町店 食レポ

投稿日:

【大阪ラーメン紀行】ラーメンつけ麺 笑福 西本町店 食レポ

ジムの帰り道にあり、すっと気になっていたラーメン屋さんに遂に行って見たので食レポをお届けしたいと思います。
そのお店とは・・。

ラーメンつけ麺 笑福 西本町店

俗に言う「二郎系ラーメン」で、僕としては生まれてはじめての二郎系で、事前にYoutubeなどで徹底的に下調べをしていましたが、やっぱり店舗に入ると結構テンぱってしまって、素直に店員さんに食券を渡す時に「あの~、初めてなんですけど。。。」と告げると、中国?韓国?系のお姉さんが優しくナビしてくれました。

 

今回頼んだのはスタンダードな「ラーメン大盛り300g」
そして、二郎系のオプションである各種は「野菜マシ」「ニンニクマシ」「カラメマシ」「アブラマシ」でいきました。

麺は太いので茹で上がり時間かかります。と銘打ってありますがいたって普通のタイムで出てきました。
マシでこれか!という初二郎インパクトに笑顔になりながら実食。

 

実は下調べで気になっていた笑福特有のかつおかけ。個人的には合わないのでは?と思っていましたが、これが合うんです。
二郎系のもやし山盛りですが、この出汁の効いたもやしに少し出汁を吸って味濃くなったかつおがこれほど合うのかというほど合います。

もやし修行の末の麺到達、という事前意識で向かった二郎系でしたが、実はもやしの時点から幸福は始まっていました。もやしがうまいのなんのです。
がつがつもやしを食べて程なく麺に到達。

ラーメンを頼んで、麺をすくうまで、ここまで時間を要したのはこれが初めて。しかしここでとんでもない驚きと出くわします。
少し時間は経っているにもかかわらず、麺を食べると軽く舌をやけどするほど麺が熱々なんです。
多分、スープの上を軽く覆うアブラの層が熱の拡散を遮断しているのが要因のようでした。

 

麺はバリ太ちぢれ麺でコシというよりも、モッチリ感が強くあり噛み締めると小麦粉の甘さを深く感じます。
スープは醤油とんこつでしょうが、ニンニクマシのおかげで、まさにニンニクスープと化しておりました・・・。しかしこれがうまいのです。

料理到着時は少し「胃と話し合い」をしましたが、最後は麺を何度もすくって探すほど夢中になっておりました。基本スープのみ干す人間ですが、アブラがかなり多いので今回はやめて蓮華で7回ほど飲むにとどめておきました。

 

しかしこのインパクトでたった750円はコスパ良すぎです。
店員さんは若い方が二名で回していました。男性は厨房で女性はカウンターでしたが、非常にてきぱき動いておられて好印象でした。

実は今回嫁さんと一緒に行ったのですが、嫁さんは辛味つけ麺を頼みましたので、少し頂きましたが、個人的にはあまり好みの味ではありませんでした。辛味というと酸味の辛味を想像していましたが、ここの辛味は出汁を効かした方の味噌辛味ぽっい良い味でちょっと僕には合いませんでした。



-食レポ

Copyright© 大阪のおじいさんの老後ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.