大阪のしがないおじいさんの日々のブログ

大阪のおじいさんの老後ブログ

RG353M

RG353Mの実機感想レビュー

投稿日:

rg353m,レニュー,感想,anbernic,アンバーニック,中華ゲーム機,中華エミュ機

RG351MP以来ファンが待てど暮らせどでなかったアンバーニック社のお得意メタルゲーム機がついに第四世代で発売されました。その名もRG353M。今回はRG353Mの実機を徹底的にレビューしていきます。今回の記事はANBERNIC社の提供でお送りいたします。

届いたRG353Mがこちらです。毎度のボーンフレームデザインで格好いいですね。

rg353m,レニュー,感想,anbernic,アンバーニック,中華ゲーム機,中華エミュ機

開封します。

rg353m,レニュー,感想,anbernic,アンバーニック,中華ゲーム機,中華エミュ機

本体がお目見えですがはやる気持ちを抑えて底蓋チェックからいきます。

rg353m,レニュー,感想,anbernic,アンバーニック,中華ゲーム機,中華エミュ機

RG353Mの付属品はこんな感じ。

rg353m,レニュー,感想,anbernic,アンバーニック,中華ゲーム機,中華エミュ機

・厚手の質のいい保護フィルム(当たりはずれがありますが今回はあたりでした)
・中華ゲーム機市場独占のウエッティー
・充電用USB-A to USB-Cケーブル
・マニュアル

マニュアルはいつもの表裏で中英になっています。写真も多く英語がわからなくても比較的理解ができます。ただし書かれているショートカットなどはあくまでオリジナルOSの時のものなのでカスタムOSをインストールすると変わるので注意してください。

rg353m,レニュー,感想,anbernic,アンバーニック,中華ゲーム機,中華エミュ機

では早速RG353M本体を見ていきましょう。

rg353m,レニュー,感想,anbernic,アンバーニック,中華ゲーム機,中華エミュ機

ぬお~~~~~~~~~~~~!!!!

rg353m,レニュー,感想,anbernic,アンバーニック,中華ゲーム機,中華エミュ機

きたーーーっ!!!

来ました。このメタル感、久々でテンションが上がります。やっぱりメタルは良いですね。
しかも驚きなのが前回のメタルであるRG351MPより一回り弱小さいのです。これには驚きました。性能が上がっているのに本体が小さくなっているのです。本来であればそのまま使いまわしてもいいのにあえて違う筐体で販売するところにアンバーニック社の気持ちの入れようが伝わってきますね。非常にシャープで小さく見えます。

rg353m,レニュー,感想,anbernic,アンバーニック,中華ゲーム機,中華エミュ機

RG353MとRG351MPは同じブルーなのですが並べるとRG353Mのほうがほーーーんの少しだけ白っぽいブルーになっています。ただしカラーの粒子が細かく色々な方向に輝くので一概には言えませんが全く同じ色ではないことだけは伝えておきます。

それではRG353Mの全体を細かく見ていきましょう。

前面

rg353m,レニュー,感想,anbernic,アンバーニック,中華ゲーム機,中華エミュ機

上記しましたがRG353Mと比べ小さくなって非常にシャープな印象を受けます。非常にクールです。

上側

rg353m,レニュー,感想,anbernic,アンバーニック,中華ゲーム機,中華エミュ機

左から3.5mmヘッドホンジャック、外部接続用のUSB-Cケーブル、MiniHDMIポート、充電用USB-Cポート、ファンクションボタンがあります。

右側

rg353m,レニュー,感想,anbernic,アンバーニック,中華ゲーム機,中華エミュ機

電源ボタンとリセットボタンがあります。ともに筐体に堀を作りその中にボタンがありますので誤押ししないように気が配られています。

左側

rg353m,レニュー,感想,anbernic,アンバーニック,中華ゲーム機,中華エミュ機

音量ボタンがあります。こちらも堀を作りその中にボタンがあります。私のものは音量の下ボタンが少しだけ緩かったです。

下側

rg353m,レニュー,感想,anbernic,アンバーニック,中華ゲーム機,中華エミュ機

サウンド穴とMicroSDカードスロットが2つあります。最近のアンバーニックのトレンドあるデュアルSDカードシステムですね。スロット1がOSスロットでスロット2がメディアスロットになっています。今回は初めからスロット1に16GBのMicroSDカードが付いていました。

裏側

rg353m,レニュー,感想,anbernic,アンバーニック,中華ゲーム機,中華エミュ機

滑り止めゴムがついています。個人的にはもうこれも無しで全面メタルにしてほしいです。

メインのABXY4つボタン

rg353m,レニュー,感想,anbernic,アンバーニック,中華ゲーム機,中華エミュ機

今までのアンバーニック史上で最も柔らかいボタンです。戻しの力もありますが少し弱く、押すときの抵抗力も非常に弱いので若干安っぽさを感じてしまいます。しかしその後のゲームテストで問題なく使用できていることはチェック済みです。連射も問題ありませんでした。

十字キー(D-PAD)

rg353m,レニュー,感想,anbernic,アンバーニック,中華ゲーム機,中華エミュ機

こちらはメインの4つボタンほどの軽さは感じませんでしたが下地のゴムが柔らかいせいか横から横斜めに入る動きですでに下が沈んでしまいます。

rg353m,レニュー,感想,anbernic,アンバーニック,中華ゲーム機,中華エミュ機

普通のゲームでであれば一切問題ありませんが格闘ゲームでは技が出にくかったです。

アナログスティック

rg353m,レニュー,感想,anbernic,アンバーニック,中華ゲーム機,中華エミュ機

抵抗が少ない軽い感じのスティックです。

rg353m,レニュー,感想,anbernic,アンバーニック,中華ゲーム機,中華エミュ機

格闘ゲームでのテストでは技が非常に出にくい結果が出ました。これは十字キーと同じく個体差かもしれませんが入力がうまくいきませんでした。多分横の入力の座標が少しずれているためかもしれません。RG351Pの悲劇を少し思い出してしまいました・・・。

LR12ボタン

rg353m,レニュー,感想,anbernic,アンバーニック,中華ゲーム機,中華エミュ機

RG351MPとは全く違った形状になっています。ボタンがすぐ傍に配置されLR2が高くなって押しやすさが追及されています。

rg353m,レニュー,感想,anbernic,アンバーニック,中華ゲーム機,中華エミュ機

しかしLR2を押しやすくさせたことにより格闘ゲームなどでLR1を押すとたまに接近しているLR2を押すことがありました。考えられて作られたボタン配置ですが4.5世代ではあまりLR2は使わないので必要なかった機能かもしれません。

RG353Mのスペックを見ていきましょう。

rg353m,レニュー,感想,anbernic,アンバーニック,中華ゲーム機,中華エミュ機

OS:Linux / Android11
CPU:RK3566 64bit 4コア Cortex-A55 1.8GHz
GPU:Mali-G52 850~950MHz
RAM:LPDDR4 2GB
OS:Android 11+Linux Dual OS System
Display:640×480( 4:3 ) 3.5inch IPSScreenマルチタッチスクリーン
Storage:Android 32GB Linux 16GB ( max512GB )
Battery:Li-Polymer 3500mAh
BlueTooth:4.2
Wi-Fi:2.4G/5G

つまりRG353PとRG353Vと同じということですね。

ANBERNIC RG353Mの身体測定もしていきましょう。

rg353m,レニュー,感想,anbernic,アンバーニック,中華ゲーム機,中華エミュ機

縦:7.1cm
横:14.4cm
厚:1.6cm
重:267g

RG351MPと比較し非常にシャープになっていることがわかると思います。

rg353m,レニュー,感想,anbernic,アンバーニック,中華ゲーム機,中華エミュ機

デュアルOSですのでアンドロイドも立ち上がります。バージョンはAndroid11です。
アンドロイドバージョンはタッチパネルが有効になるのでDSエミュはこちらでプレイするほうがよりDSライクなゲーム環境になります。

rg353m,レニュー,感想,anbernic,アンバーニック,中華ゲーム機,中華エミュ機

ちなみにRG353V専用のARKOSがそのまま使用できました。日本はARKOSファンが非常に多いのでこれは大きな朗報ですね!
ではそのARKOSを使用してのエミュレーターテストを一気にやっていきます。

rg353m,レニュー,感想,anbernic,アンバーニック,中華ゲーム機,中華エミュ機

ファミコン

rg353m,レニュー,感想,anbernic,アンバーニック,中華ゲーム機,中華エミュ機

問題なくサクサク起動します。

ファミコン ディスクシステム

rg353m,レニュー,感想,anbernic,アンバーニック,中華ゲーム機,中華エミュ機

問題なくサクサク起動します。

ゲームボーイ

rg353m,レニュー,感想,anbernic,アンバーニック,中華ゲーム機,中華エミュ機

問題なくサクサク起動します。

ゲームボーイアドバンス

rg353m,レニュー,感想,anbernic,アンバーニック,中華ゲーム機,中華エミュ機

問題なくサクサク起動します。

スーパーファミコン

rg353m,レニュー,感想,anbernic,アンバーニック,中華ゲーム機,中華エミュ機

問題なくサクサク起動します。

PCエンジン

rg353m,レニュー,感想,anbernic,アンバーニック,中華ゲーム機,中華エミュ機

問題なくサクサク起動します。

PCエンジン スーパーCDrom²

rg353m,レニュー,感想,anbernic,アンバーニック,中華ゲーム機,中華エミュ機

問題なくサクサク起動します。

メガドライブ

rg353m,レニュー,感想,anbernic,アンバーニック,中華ゲーム機,中華エミュ機

問題なくサクサク起動します。

メガドライブ メガCD

rg353m,レニュー,感想,anbernic,アンバーニック,中華ゲーム機,中華エミュ機

問題なくサクサク起動します。

メガドライブ スーパー32X

rg353m,レニュー,感想,anbernic,アンバーニック,中華ゲーム機,中華エミュ機

問題なくサクサク起動します。

ゲームギア

rg353m,レニュー,感想,anbernic,アンバーニック,中華ゲーム機,中華エミュ機

問題なくサクサク起動します。

セガマスターシステム

rg353m,レニュー,感想,anbernic,アンバーニック,中華ゲーム機,中華エミュ機

問題なくサクサク起動します。

MSX

rg353m,レニュー,感想,anbernic,アンバーニック,中華ゲーム機,中華エミュ機

問題なくサクサク起動します。

ワンダースワン

rg353m,レニュー,感想,anbernic,アンバーニック,中華ゲーム機,中華エミュ機

問題なくサクサク起動します。

ニンテンドーDS

rg353m,レニュー,感想,anbernic,アンバーニック,中華ゲーム機,中華エミュ機

Linuxモードではうまく起動できなかったのでアンドロイドモードでプレイしましたが問題なくサクサク起動します。タッチパネルも良好です。

ニンテンドー64

rg353m,レニュー,感想,anbernic,アンバーニック,中華ゲーム機,中華エミュ機

問題なくサクサク起動します。

プレイステーション

rg353m,レニュー,感想,anbernic,アンバーニック,中華ゲーム機,中華エミュ機

問題なくサクサク起動します。

3DO

rg353m,レニュー,感想,anbernic,アンバーニック,中華ゲーム機,中華エミュ機

対応しているものはサクサクですが未対応のゲームが要所要所で動きがひっかかります。

ドリームキャスト

rg353m,レニュー,感想,anbernic,アンバーニック,中華ゲーム機,中華エミュ機

640×480の高解像度で問題なくサクサク起動します。ただしエミュが未対応のゲームは性能云々の問題ではなくかくつくものもあります。

アーケード

rg353m,レニュー,感想,anbernic,アンバーニック,中華ゲーム機,中華エミュ機

問題なくサクサク起動します。

Atomiswave

rg353m,レニュー,感想,anbernic,アンバーニック,中華ゲーム機,中華エミュ機

軽いゲームは問題なくサクサク起動しますがメタスラ6の戦車列車はやはりガクガクですが良く動きています。

SEGA NAOMI

rg353m,レニュー,感想,anbernic,アンバーニック,中華ゲーム機,中華エミュ機

アナログ入力が必要でないゲームは比較的良く動きます。

PSP

rg353m,レニュー,感想,anbernic,アンバーニック,中華ゲーム機,中華エミュ機

今回もフレームスキップバグがあります。しかしレンダリング解像度x2、アップスケールレベルx2、異方性フィルタリングx16でリッジがほんの少しのカクツキで遊ぶ事が出来ます。

rg353m,レニュー,感想,anbernic,アンバーニック,中華ゲーム機,中華エミュ機

そしてその設定で最重のワイプアウトが遊べます。マシンが重なったり攻撃が重なると重くなりますがかなり遊べるレベルです。上記共に非常に高い設定でこれですので軽くすればもっと快適にプレイできます。

SEGA SATURN

rg353m,レニュー,感想,anbernic,アンバーニック,中華ゲーム機,中華エミュ機

動くゲームは比較的サクサク遊べますが未対応のゲームも多くありますのでよく動きますがあくまでおまけ程度とお考え下さい。

rg353m,レニュー,感想,anbernic,アンバーニック,中華ゲーム機,中華エミュ機

これでRG353シリーズは3機種がそろい踏みということになります。大きな違いの一つとしてあるのは今や安価型中華ゲーム機には欠かせないカスタムOSの違いです。RG353PだけはARKOSがないのでJELOSでの起動となります。しかしフォルダ周りの違いはあれど今やARKOSとJELOSはともに助言しあう仲ですのでそこまで問題にしなくてもいいかもしれません。

rg353m,レニュー,感想,anbernic,アンバーニック,中華ゲーム機,中華エミュ機

ですのであとは筐体の形状への好みでかなと感じますのですでに4.5世代を持っている方には無理に買い替えの必要はないと思います。しかし第四世代からのアップデートを狙っていた人には3台の中から好きなものを選んで購入するのは非常におすすめです。第四世代ではアップアップだったドリキャスとPSPの動きが非常に改選されていますので違いをはっきりと感じることができるでしょう。
よかったらこの辺りを参考にしていい買い物をしてくださいね。

RG353Mはアンバーニックの公式サイトで発売中です。
RG353Mの商品リンクはコチラ RG353Mの販売ページ

RG353M
¥21,499(送料が1699円かかります)

これら記事は下記のお爺さんの公式Youtubeチャンネルで全て実際にプレイしている動画を挙げてますので、合わせて参考にして下さい。
まだチャンネル登録お済でない方は登録していただけますと嬉しいですし、高評価頂けますと次作品への元気になります。
ゲーム老人チャンネルhttps://www.youtube.com/channel/UC12oO7Nhb7-guQ8NNbm2_GQ





-RG353M

Copyright© 大阪のおじいさんの老後ブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.