大阪のしがないおじいさんの日々のブログ

大阪のおじいさんの老後ブログ

WII600 ゲーム

【3】ANBERNIC WIN600 実機徹底感想レビュー「総括します」

投稿日:

win600,anbernic,handheld,中華ゲーム機,中華エミュ機,アンバーニック,UMPC,感想,レビュー

ここまで詳細なレビューをしてきましたANBERNIC WIN600ですが本日はそれら情報を集めて総括します。今回もアンバーニック社様の提供で記事を書いていきます。本当にいつもありがとうございます。

前回のWin600のゲームのテスト結果記事はコチラ→【2】ANBERNIC WIN600 実機徹底感想レビュー「エミュレーター+PCゲームテスト」

【外観】

win600,anbernic,handheld,中華ゲーム機,中華エミュ機,アンバーニック,UMPC,感想,レビュー

アンバーニックのゲーミングUMPC1発目でしたがやはりアンバーニックと言う感じでやはりデザインは素晴らしい出来でした。

実際にかなりの時間テストプレイしましたがすべてのキーに違和感ないどころか非常に出来の良いボタン周りでした。ただしLR2がパドルではなかったことはレースゲーム好きのユーザーには不満点になるでしょう。

win600,anbernic,handheld,中華ゲーム機,中華エミュ機,アンバーニック,UMPC,感想,レビュー

個人的にはもっとファンクションキーを増やすべきと感じます。もしも今のままで行くのであればwindowsボタンをESC、ホームボタンをAlt+Enterにするべきです。ハッキリ言ってゲーミングPCにWindowsボタンもホームボタンも必要ありません。

win600,anbernic,handheld,中華ゲーム機,中華エミュ機,アンバーニック,UMPC,感想,レビュー

【性能】

win600,anbernic,handheld,中華ゲーム機,中華エミュ機,アンバーニック,UMPC,感想,レビュー

Athron 3050eがどういったパワーを持っているのか本当に未知数でしたが結果としては非常に良くやってくれました。
PS2よりも下位のエミュレーターであればしっかりと動かしてくれます。

更にゲームキューブやWiiも意外と良く動きました。これにはびっくりです。

win600,anbernic,handheld,中華ゲーム機,中華エミュ機,アンバーニック,UMPC,感想,レビュー

PCゲームではAAAゲームは流石に厳しいですがエースコンバットはじめ画面はかなり美麗だが少し前のゲームで軽めですよ、というゲームであればガンガン動かしてくれます。この時代の名作は山ほどあるのでかなり楽しめます。

win600,anbernic,handheld,中華ゲーム機,中華エミュ機,アンバーニック,UMPC,感想,レビュー

つまりPS2やPS3が重くても結構シリーズ物のSTEAMゲームはあり、それらはまさに少し前の軽いゲームとして存在するのでそれらで代用できるという事です。PS3はまさにこれに合致します。

win600,anbernic,handheld,中華ゲーム機,中華エミュ機,アンバーニック,UMPC,感想,レビュー

【総括】

win600,anbernic,handheld,中華ゲーム機,中華エミュ機,アンバーニック,UMPC,感想,レビュー

私はAYANEO3台とGPD WIN3を所持しておりかなり遊びました。つまり高性能なゲーミングUMPCも遊んできました。その中でこのANBERNIC WIN600を値段と性能で判断すると個人的には丁度良い価格設定だと感じます。あえて言えば安いと感じました。

多くのユーザーが高性能アンドロイドマシンと比較しANBERNIC WIN600を高いと位置づけるでしょう。しかしアンドロイドではSTEAMのゲームは一切遊べませんしそれを代用できるゲームもありません。これだけ多くのゲームが遊べる性能を持ちつつ上位機種でも53000円ははっきり言って少し安いくらいです。

win600,anbernic,handheld,中華ゲーム機,中華エミュ機,アンバーニック,UMPC,感想,レビュー

そして比較で言えばLoki ZEROやAYANEO Air Plusと比較する人もいると思います。確かにほぼ同程度の機能でANBERNIC WIN600よりも安い金額で販売を予定していますがAYANEO AirPlusは来年予定、LokiZEROに至ってはいつかも明記がありません。その中で現在実際に商品として完成しているというアドバンテージを加味すると更にコスパが良いことがわかります。

win600,anbernic,handheld,中華ゲーム機,中華エミュ機,アンバーニック,UMPC,感想,レビュー

よくANBERNIC WIN600を低性能だとか中途半端な性能と揶揄する声が聞こえますが、それは私は間違っていると感じます。だってANBERNIC WIN600が目指しているポジションがまさにそこだからです。高性能ゲーミングPCは最低でも100000円で、昨今は150000円台の物もざらになってきています。良いモノは高い、当然です。しかしアンバーニックがANBERNIC WIN600を投入した意図はそれらの高価な物は買えないけどゲーミングPCには興味がある、というユーザーに向けて製作販売されたものですから、この値段でこの性能はいたってまっとうな設定で間違ってはいません。
甘いジュースを作っているのに、それを飲んで「甘い」と批判するほど間違った論点は無いですよね。
PS2が動かないとか批判をする人はPS2を動くスペックで出して値段が上がればそれはそれで、「じゃあこれならAYANEOを買えばいい」と言い出すのです。つまり切りがないのです。

ですので私はこの値段でこの性能と割り切ったANBERNIC WIN600はよく出来ていると感じましたし、コスパもかなり良い商品と断言できます。ただし私の元にはじめ届けられたANBERNIC WIN600はファンが故障して使い物になりませんでした。どの企業も一発目ロットは不安定ですが私はその一つを掴みましたので当然そのあたりも、そして上記した通り発売日は分かりませんが似た性能で安い価格を発表している企業もありますので、それらも踏まえて焦らずに購入を検討してください。

win600,anbernic,handheld,中華ゲーム機,中華エミュ機,アンバーニック,UMPC,感想,レビュー

ANBERNIC WIN600は発売して1時間ほどで3020eが完売、その後すぐに3050eも完売し売り切れ状態でしたが何と再版が決定しております。ANBERNIC WIN600はANBERNIC公式ショップで8月末より予約先着順では発送となりますので欲しい方はお急ぎください。ただいま再版セール中です!

ANBERNIC WIN600 ATHLON SILVER 3050eバージョン
¥53,399→¥5,2659

ANBERNIC WIN600 ATHLON SILVER 3020eバージョン
¥43,399→¥4,2659

ANBERNIC WIN600の商品リンクはコチラ ANBERNIC WIN600の販売ページ

これら記事は下記のお爺さんの公式Youtubeチャンネルで全て実際にプレイしている動画を挙げてますので、合わせて参考にして下さい。
まだチャンネル登録お済でない方は登録していただけますと嬉しいですし、高評価頂けますと次作品への元気になります。
ゲーム老人チャンネルhttps://www.youtube.com/channel/UC12oO7Nhb7-guQ8NNbm2_GQ



-WII600, ゲーム

Copyright© 大阪のおじいさんの老後ブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.