大阪のしがないおじいさんの日々のブログ

大阪のおじいさんの老後ブログ

映画

ちむどんどんを見るのをやめました その酷い内容を感想レビュー ちむどんどん反省会

更新日:

ちむどんどん反省会,ちむどんどん嫌い,ちむむどんどん面白くない,ちむどんどんつまらない

カムカムエブリバディの3世代にわたる感動の超大作が終わり、さて次も感動させてもらおうと見始めたNHKの朝の連続ドラマ小説「ちむどんどん」ですが、遂に私もここでリタイヤしました。しかしこれは私だけではなく多く人がちむどんどんがつまらない、ちむどんどんが嫌い、と感じているはずです。

戦後間もないアメリカ統治下の沖縄が舞台。父母4人兄妹の比嘉家が主人公。貧しいながらも幸せな暮らしを続けていたが二話目でまさかの父親が農作業中に倒れ他界。父親一人で働きまくって支えていた家計は一気に火の車になり母親がいくつもの仕事を担って家計をやりくりしていく。子供たちも不器用ながらも家の手伝いをするなどして日々を送りやがて大人になっていく。

長女の良子は念願だった教師になり自らの幸せよりも家族を想い自分の買いたい物さえも我慢して家にお金を入れながら働く。主人公である次女暢子は天真爛漫でありながらもシェフと言う夢を見つける。三女歌子は常に病気がちだが自分の歌声の良さを学校の先生に見いだされる。長男賢秀は働きもせずにフラフラしては家族に迷惑をかける日々を送っていた。
やがて良子は同じ教師と結婚をする。暢子は東京の有名レストランに就職、歌子は一度事務職に就職するも体調不良から退職。賢秀は相変わらず風来坊と言う流れで物語は進みます。

物語は暢子を中心に4人兄妹すべての人生を描いており、様々な人生模様が描かれます。良子と歌子は共に沖縄にいるのでセット。賢秀と暢子はお互い東京にいてセットで登場します。

子供時代は貧しいながらも一生懸命生きていく感動のドラマでしたがかなり早い段階で青年編へ移行します。ちむどんどんはこの青年編から異常な物語進行となっていき、個人的に見ていても「あれ?脚本家が変わった?複数人いる?」と首をかしげるほど子供編と全く物語の味わいやキャラクターの設定が変わってしまいます。多分青年編を描いている脚本家はほぼ子供編を確認しておらず書いていると思われます。そうでないと理解できない程につじつまが合わないのです。

そしてその証拠に異例の朝の放送終了を待たずに総集編の放送が始まっているのですが、至るシーンで無理なナレーションの追加、酷いシーンではセリフを入れ替えて放送しているのです。あまりの現状の放送の酷さにNHKトップから「物語の帳尻を合わせろ!」と指令が出たのでしょうね。本編で全く言っていなかった事の追加、変更が本編ファンをほったらかしで勝手に総集編で行われているのです。いかにこのドラマがふざけているか、朝の放送をずっと見ているファンを大事にしていないかがわかる軽率な行動です。

個人的にちむどんどんが嫌いになって理由はこんな感じ。

 

①長男賢秀のキャラクターが崩壊している。
母親が倒れる寸前まで働き家族を養ってきた比嘉家ですが賢秀はそんな母親の背中を一切見ていなかったようです。人に暴力は振るう、バーで飲みすぎて暴れ、バーの店内を完全に破壊しその借金を母親に背負合わせる。ボクサーになるがすぐに夢を諦め脱走するが、脱走前にジムの会長初め多くの練習生から金を借りて逃げ、それを自分で稼いだ金だと言って実家に送るのが後にばれてその借金を母親が背負う。詐欺にひっかかり儲かる話があると母親から大金を借金するも騙され逃亡。東京に出るも東京にいる暢子の家に泊まったその日に暢子の金を全額強奪し逃亡。良子の結婚相手の父親をゆすりお金を強奪。詐欺商品を街角で販売し詐欺を行う。その詐欺で金が要るとまた母親に金を要求し母親は多額の借金をして送金、そしてその詐欺商品を母親にも送り付け売れと指示。レストランの人間関係で悩む暢子に「人は謝ったら負けだから絶対に謝るな!」と洗脳する。当然暢子はそれによりさらに人間関係が悪化する。雇ってくれた養豚場を二回も無断で逃亡。養豚場で就職中は先輩女性に差別発言を連呼し悪態を続けた。

父親が死に借金苦だった比嘉家だが母親の死に物狂いの働きで本来であれば楽になる生活だったが、上記した賢秀による異常な行動の連続により永遠と借金苦を続けることになる。こうなると「比嘉家が貧しいけど頑張っている家族」というお涙頂戴の設定がただの「無能な兄の行動で困っている家族」という設定になり貧しい事に誰も共感できなくなる。

そして極めつけは良子の結婚シーンでは結婚相手の胸ぐらをつかんで涙ながらに「俺の大事な妹を泣かせたら許さないからな!!!!俺の大事な大事な妹だからな!わかったかー!」と大声で叫ぶんですが、見ている人全員がこう思ったでしょう。「いや、お前が一番この家族を悲しませとんねん!」と・・・。でも制作側は「ほら!このシーン良いでしょう!泣けるでしょう!」と煽ってくるのだが、一切感動もなくしらけるだけでした。

やがて私も賢秀が出てくるともう嫌気がさしてくるようになります。それなのに頻繁に意味も分からず出てきては訳の分からない事をずっと言い続けるもんだからもうしんどくなります。このキャラクターが今後何か改心しようともここまでやってきた行いの悪さが酷すぎて誰も感動も共感もしないでしょう。一体このキャラは今ドラマにいるのか?本当に疑問しかありません。このキャラクターが世の中全員が嫌いという事に気づけない脚本家と現場監督は多分この性格と似ているのでしょう。だから気づけないんですよね。そんな人たちで作られた作品だからちむどんどんは異常なんでしょうね。

賢秀というキャラを作りたいのであれば、自分の犯した失敗を自分で被るという設定にするべきでした。賢秀の失敗を家族で被り本人はフラフラと逃亡し自分で痛みを経験しないからずっと同じ失敗をする、ずっと家族が迷惑をこうむるという流れになります。そして他のキャラの時間は動くのに賢秀だけずっと同じ事を繰り返しており見ていてうんざり以外ありません。多分どこかでは一番星になるんでしょうが、ここまで来たらもう挽回は不可能でしょう。そしてこのイライラは演じてらっしゃる方の演技力が真剣なほどイライラするもので、そのあたり演者の方も大変ですね。朝一でも大吉さんが苦言を呈しておりましたが、渋い顔で「演者冥利につきます・・」と悲しそうな顔で言っているのが印象的でした。相当クレームは入ってるんでしょうね。

 

②長女良子のキャラクターが変わりすぎて意味不明
上記したように長女良子は家族思いの良い子でした。しかし結婚後その様子が一変します。あれだけ貧しい家系で苦労する母親の背中を見てきたのに何故か自分に突然目覚め始めます。
良子に子供が生まれると「お前も育児をしろ!」と旦那を責め始めます。その攻め方が異常なんです。何故私ばかりは育児をしないといけないと叫び始めます。やがてその想いは自分も仕事がしたい、教師に戻りたいという願望へ変わっていきます。もうそこからは一切引きません。旦那の家族は嫁が働くことを許しません。そうなるとそれを説得しろと旦那をゆすります、それが叶わないとなると実家に逃げます。実家に来た旦那に次は離婚届を突き出し実家を説得しろと恫喝します。
「私は仕事も育児も両立する!何故女だけが育児ばかりで仕事をしてはいけないの?」と啖呵を切る割にずっと実家にいる三女の歌子に子守をさせます。やがて教師に復職します。当然その間の子守は全て三女の歌子です。結局子育てに飽きて仕事を選び両立どころか子育てを放棄します。

一体この突然のキャラ変更は何なんでしょうか?昨今の女性問題を取り上げるにしてはあまりに横暴な話の流れすぎて逆に子育てを放棄しているだけのわがままな女性と言うイメージがつき、働くママにも失礼な内容で全く理解が出来ません。子供に勉強を教える立場の教師が子育てを放棄して何を伝えるのでしょうか。我慢をしない、理解しようとしない、協力して解決しようとしない大人が子供に何を教えるのでしょうか。復職したシーンで眼がギラギラしている良子の顔はまるでサイコパスの様な怖さがありました。あの家族思いだった良子像を描いた脚本家もまた別の方なんでしょうね。つまり複数の脚本家が他人の脚本を読まずに勝手に自分が書きたいものをどんどん書いて繋ぎ合わせたのがちむどんどんという事なんだと思います。

脚本家がしたかった良子像を作りたいならば、良子が育児に奮闘する姿を何話かに分けて放送し、その先に例えば学童などで手が足りないから手伝って!と一日だけ手伝いに行った時に子供たちと久しぶりに触れ合う楽しさや素晴らしさに気付き少しづつ復職したいという想いが募ってきて旦那と相談をしつつではどうやって子供の面倒を二人で見ていきながら良子の希望を叶えられるかを模索していく形にすればよかった。その先に母親優子の手助けがあり「歌子も今丁度仕事していないし子供が好きだから見て上げれるよ。歌子も今は自信を無くしているから子供あやすという事で自分にも出来る事があるという自信がつくかもしれない。」みたいな手助けの流れであれば優子の優しも伝わったかもしれない。賢秀の無駄なシーンを取る暇があればこれくらいの撮影は出来たはずです。

 

③主人公暢子のキャラクターが異常、そしてその周りのキャラクターも共に異常
東京の有名レストランフォンターナに就職した暢子ですがあまりの人間性の無さに次々と問題を起こします。まず礼儀がない恩義がない相手の話を聞かない、感謝と言う感情がない、他人に何かを頼んでもやってもらって当たり前、その人に不満が出てもその恩恵部分は全く0で不満をずっとぶちまける、人に何かをしてもらっても当たり前、でも自分の努力は全て認められたい。上司であろうがすぐに不満を顔に出す、上司であろうが親友であろうが不満に対してすぐ喧嘩口をたたく、我慢が出来ない、自己中心的な衝動を抑えられない、その割に自分の評価が異常に高い。暢子を表すときにはこれらの表現が全てしっくりきます。まさにモンスター。昨今よくニュースなどで見るクレーマーや他人に迷惑をかけて事件になっている人そのものです。

高級レストランフォンターナの味付けを勝手に変更しますし、上司に向かって敬語を使わず沖縄弁で話します、料理中たわわな髪を一切くくりません、社長のやり方に不満な顔をして何度もえらそうな口を聞きます、自分が間違った判断をしているのにそれを自分らしさと言い張ります、そしてそれが正しいんだと言い張ります。しかしそれで上手くいかなくなると謝罪します。そしてそれで上手く物事が進むと、「やっぱり私らしくでいいんだよね!これが私!」と言い出します。友人女性がとりわけた皿の自分のハムの量が少ないと大声で飲食店で不満を叫び始め友人女性が平謝りで私のをあげると言っておあさめようとしますがそれでも納得いかずに叫び続けます、イタリア料理に勝手に和食素材を使ってお客からクレームを言われるのに、おでんやさんの売り上げを上げるミッションでは和風のおでんをイタリア風にするなど、とにかく人が求めている事の逆をしないと気が済まない。

そしてこんな異常者暢子を何故か意味もなく好きになる男性陣二名。全くその理由がわかりません。全員頭がおかしいとしか言いようがないのですが、特に一人は既に結婚を決めている人がいるのに意味もなく暢子に好意をいきなり持ち出します。全く意味が分かりません。
暢子自身にまず人間的に全く魅力がない以上にハッキリ言って人間レベルが低い人物に徳が高い男性陣が惹かれるはずがないのです。だから見ていて納得できないし、なんかすごい気味が悪いのです。

 

④母親優子が全ての諸悪の根源になっている
ここまで見たらわかる通り、比嘉家という悪質家族が周りにずっと迷惑をかけ続けるドラマがちむどんどんの本質なのですがその諸悪の根源はまさに母親優子にあります。賢秀がいくら他人様に迷惑をかけようがおかまいなし、一切しかりません。それどころか笑顔で許し賢秀の為に借金を重ねます。そもそも借金もハッキリ言って返せる額ではありません、優子自身も誰かに大きな迷惑をかけているのです。しかも詐欺の商品を勝手に自分の働く店で売る始末で異常です。

良子に対する対応にも異常さが出ています。誰が見ても良子がわがままを言って実家に帰ってきているのに悪いのは旦那というような話し方で、ここにいればいいよと笑顔で迎えます。普通であれば家族でちゃんと話し合いなさい!と追い返すのが普通です。それを受け入れ良子のわがままを増長させています。つまり賢秀も良子も暢子もこの優子の甘やかしが原因でわがままに育ち、最近で言う所のDQN家族と化しているわけです。まさに迷惑犯罪ファミリーです。

優子の過去に何かあって子供に自由に権利を与えたいという設定にしたいんだと思います。しかし脚本家や監督の人間力が著しく低いためその表現が出来ていません。子供の権利を守る事としつけは違います。しつけや叱るという事はその相手を想って、相手が外で恥をかかないように、人様に迷惑をかけないように愛をもってすることで、現在の優子の子育てはただ自分が嫌われ者になりたくないという昨今の仲良し親子の弊害そのもので、そういった子供は我慢が出来ないわがままな子に育ちます。そして多くの事件を起こします。結果比嘉家の子供たちはそのように育っているのですが、もしもそういったDQN家族の成長、つまりは犯罪一家が出来る仕組みを描いているのであれば凄いドキュメントだとは思いますが、多分違うと思います。脚本家監督共に子育てをした事、正しく後輩を導いた経験が一切ない故に起こっているこの崩壊設定なんだと感じます。これが優しい母親と思ってしまっている異常事態です。

 

私も自分を騙しながらどこかで挽回のチャンスが来るだろうと我慢してみてきましたが、突然の暢子の恋愛編突入を見てイラっともしない、15分間不快どころか何も感情がわかない自分に気づき見るのをやめました。そして次の予約も何のためらいもなく削除できる自分がいました。このドラマを見ても何も得られないと脳が決定したようです。

このドラマって沖縄返還50周年記念で作られたようですが、内容はまさに沖縄の人を都会の人が偏見で馬鹿にして作った内容です。沖縄の歴史については一切触れられず、このドラマで沖縄が感じられるのは主人公が上司に敬語を使わずに連呼する沖縄弁。そして田舎者だからマナーがない、理解がないという設定だけです。あまりにも沖縄の事を侮辱しています。よくもこんな酷いドラマに大量の視聴料を投入したものです。

そしてこのようなセンスのかけらもないキャラクターを平然と作れた脚本家、意義を呈さない監督は職業失格です。もっと人前に出て人間性を磨いた方が良いと思う。誰がどういった考えを持って生きているのか、人にはどういった人生がありどういったストーリーがあるのかをもっと勉強したほうがいい。あまりに人間を知らなさすぎます。私も今日まで多くのB級以下のようなドラマや映画を見てきましたがここまで酷い内容、人を不快にさせる作品は無かったです。これを公共放送の視聴料を投入して作っている事にはもう飽きれるしかありません。今すぐに放送を取りやめ過去の名作を流す方がよっぽど為になるんじゃないでしょうか。

かなり末筆になりますが、我慢して長く見ただけに厳しい意見を書かせていただきましたことをお許しください。



-映画

Copyright© 大阪のおじいさんの老後ブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.