大阪のしがないおじいさんの日々のブログ

大阪のおじいさんの老後ブログ

RG353P ゲーム

【4】ANBERNIC RG353P 実機徹底感想レビュー「総括します」

更新日:

rg353p,anbernic,アンバーニック,中華ゲーム機,中華エミュ機,レビュー,感想,使い方,jelos,

2回に渡りご紹介してきましたANBERNIC RG353Pですが、本日は全ての情報を踏襲して総括したいと思います。重複する部分も多々ありますがご興味ある方はどうぞ。今回の記事はANBERNIC社の提供でお送りいたします。

前回の記事はコチラです→【3】「ANBERNIC RG353P専用JELOSをインストールする方法」ANBERNIC RG353P 実機徹底感想レビュー「エミュレータテスト結果」

【外観】

rg353p,anbernic,アンバーニック,中華ゲーム機,中華エミュ機,レビュー,感想,使い方,

海外では不評な意見も聞かれるのですが個人的には非常に好きなデザインです。海外のスーファミであるSNESカラーで良い意味でゲーム機!という感じが非常にワクワクします。今までのアンバーニック社のクールなデザインとはかけ離れていますが、ではこれは悪いのかと問われると一切そんな事はなく完成度の高いデザインです。

rg353p,anbernic,アンバーニック,中華ゲーム機,中華エミュ機,レビュー,感想,使い方,

RG503で不評だったFキーの位置が変更になったりとこの短期間でユーザーの声に耳を傾け対応している点も素晴らしいです。

そして何といってもANBERNIC RG353Pで一番のセールスポイントは液晶です。4:3のレトロゲーム機の黄金比でPSP以外のゲームの大半を正対比で遊ぶ事が出来ます。これだけでもANBERNIC RG353Pの存在意義があります。

rg353p,anbernic,アンバーニック,中華ゲーム機,中華エミュ機,レビュー,感想,使い方,

よくRG503の有機ELと比べる方がいますが、私はRG503の時にも言いましたが元々アンバーニックのモニターへの思いは強くIPSの中でも非常に高品質な画面表示を可能にしていましたので今回のIPSでも十分に綺麗です。更に視野角も広く良いモニターが使用されています。

【性能】

rg353p,anbernic,アンバーニック,中華ゲーム機,中華エミュ機,レビュー,感想,使い方,

今回はRG552で採用されたデュアルOS搭載でRG503との差別化を図ったのですが残念ながらアンドロイドOSはかなり悪い結果が出ましたので基本はLinxOSで使用する事になります。

ただしニンテンドー64やPSP、PS1は高解像度で遊べるなど救済措置と言う意味では良いかもしれません。

rg353p,anbernic,アンバーニック,中華ゲーム機,中華エミュ機,レビュー,感想,使い方,

ただLinuxOSの方ではRG503で一躍人気OSとなったJELOSが既に登場しており、その完成度の高さからANBERNIC RG353Pの性能をフルに発揮できますのでアンドロイドOSの出来が悪くても特に問題とは感じません。

rg353p,anbernic,アンバーニック,中華ゲーム機,中華エミュ機,レビュー,感想,使い方,jelos,

エミュレータはJELOSを入れての検証結果になりますが。第四世代+セガサターンまで動きます。セガサターンはYabasanshiroなので対応ゲームは完璧にスイスイ動きますが未対応のゲームもまだまだ多く、それらは起動しなかったりガクガクだったりしますので全部が全部動くとは思わないでください。

アンドロイドのエミュレーターでの特筆としてはやはりGoogleストアがないので実機から吸い出したアプリやRedreamのように公式がアップしている物を外部から入れるという形になり、それが足を引っ張って入り感じがしました。

rg353p,anbernic,アンバーニック,中華ゲーム機,中華エミュ機,レビュー,感想,使い方,

HDMIはLinuxもアンドロイドも対応しており、気軽に大きなモニターでゲームを遊ぶ事が出来ます。

rg353p,anbernic,アンバーニック,中華ゲーム機,中華エミュ機,レビュー,感想,使い方,

【操作性】

rg353p,anbernic,アンバーニック,中華ゲーム機,中華エミュ機,レビュー,感想,使い方,

アンバーニック史上もっとも柔らかいボタンは驚きますがガスンと言う重い感触から、プリッと感へのシフトチェンジが測られ、軽いけど押している感じはしっかりとする素晴らしいリニューアルを遂げています。ただし十字キーはRG503の時と似ていて押した後の戻りが弱いので真空波動拳などの押した後もうち度滑らせてキーを押すという動きには弱いです。

rg353p,anbernic,アンバーニック,中華ゲーム機,中華エミュ機,レビュー,感想,使い方,

しかしその分毎度のアナログスティックは素晴らしい出来で簡単に超必殺技も出せます。

rg353p,anbernic,アンバーニック,中華ゲーム機,中華エミュ機,レビュー,感想,使い方,

あと特徴としてLR12が縦並びになった事です。残念ながらLR2はパドルではありませんが、良い意味で捉えれば格闘ゲームのキックハーネス部分としてはそちらの方が都合が良いので良いと思います。ただドリキャスなどのレースゲームのパドル感を味わいたい人は残念に感じるでしょう。

【総括】

rg353p,anbernic,アンバーニック,中華ゲーム機,中華エミュ機,レビュー,感想,使い方,

RG503の発売からほどなく発売されたANBERNIC RG353PですがRG503と全く同じCPUで制作され、第四世代の様なシリーズの一環として捉えた方が良いと思います。その中で差別化を図ろうとデュアルOSを搭載したと思うのですが売りとなるはずのアンドロイド部分の結果は非常に残念な物でした。

rg353p,anbernic,アンバーニック,中華ゲーム機,中華エミュ機,レビュー,感想,使い方,

Googleストアもない、Andriod11という事でRG552の時のようにアップデート予定もない(公式から聞きました)、多くのアプリで相性不具合に近い遅延が起きるという燦燦たる結果で、ではなぜデュアルにした?何故Android11にした?という疑念が払しょくできません。どこか違いをアピールする、という事だけが独り歩きしてネームバリューのデュアルOS,Android11というものをテストもせずに採用したように思えます。

rg353p,anbernic,アンバーニック,中華ゲーム機,中華エミュ機,レビュー,感想,使い方,

この事は非常にもったいないと感じます。私はANBERNIC RG353Pをとても良いマシンだと思っています。JELOSのおかげも確実にありますが性能が良く、4:3という多くのレトロゲーマーが期待していた液晶を採用しました。外観も素晴らしい。私はそれだけで十分だったと思います。わざわざ必要のないアンドロイドを付ける事で逆に期待を裏切る結果になったと感じるユーザーもいるでしょう。

rg353p,anbernic,アンバーニック,中華ゲーム機,中華エミュ機,レビュー,感想,使い方,

上記したように私はANBERNIC RG353Pは非常にい商品だと思います。RG503は有機ELを採用し美しい画面でゲームが楽しめます。ANBERNIC RG353Pは4:3というレトロゲームの黄金比でゲームを遊ぶ事が出来ます。これは多くのユーザーが今後4.5世代で購入する時に大いに悩むチョイスになるでしょう。
私個人としては20000円くらいで有機ELを採用したLinuxOSのみ、ガワはそのままでスーファミモデルが出たらかなり売れると思います。

RG503を持っている人は買わなくても良いと思いますが、第四世代で止まっている人にはRG503かANBERNIC RG353Pかで迷えばいいと思いますよ。良かったら参考にして下さい。

ANBERNIC RG353Pが欲しい方はアフターケアがしっかりとしているアンバーニック公式ページでどうぞ!

ANBERNIC RG353Pの商品リンクはコチラ ANBERNIC RG353Pの販売ページ
¥18,799

これら記事は下記のお爺さんの公式Youtubeチャンネルで全て実際にプレイしている動画を挙げてますので、合わせて参考にして下さい。
まだチャンネル登録お済でない方は登録していただけますと嬉しいですし、高評価頂けますと次作品への元気になります。
ゲーム老人チャンネルhttps://www.youtube.com/channel/UC12oO7Nhb7-guQ8NNbm2_GQ



-RG353P, ゲーム

Copyright© 大阪のおじいさんの老後ブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.