大阪のしがないおじいさんの日々のブログ

大阪のおじいさんの老後ブログ

RG353P ゲーム

【1】ANBERNIC RG353P 実機徹底感想レビュー「開封の儀」

更新日:

rg353p,anbernic,アンバーニック,中華ゲーム機,中華エミュ機,レビュー,感想,使い方,

つい先日RG503を発表したばかりのアンバーニック社が何と凄いスパンで新商品であるRG353Pを発売しましたのでレビューしていきます。今回の記事はANBERNIC社の提供でお送りいたします。

届いたANBERNIC RG353Pはこちら。

rg353p,anbernic,アンバーニック,中華ゲーム機,中華エミュ機,レビュー,感想,使い方,

おお!ここまでRGシリーズでお馴染みだったプロダクトデザインのCGのボーンフレームをデザインにしていたものから一転して、いかにもゲーム機の箱です!というデザインで個人的にはワクワクします。こういった変化も良いですね。

開封しましょう。

rg353p,anbernic,アンバーニック,中華ゲーム機,中華エミュ機,レビュー,感想,使い方,

はやる気持ちを抑えてまずは底蓋チェックをしましょう。

rg353p,anbernic,アンバーニック,中華ゲーム機,中華エミュ機,レビュー,感想,使い方,

ANBERNIC RG353Pに付属する商品はコチラです。

rg353p,anbernic,アンバーニック,中華ゲーム機,中華エミュ機,レビュー,感想,使い方,

毎度の中華ゲーム機市場独占のウエッティーが入っていますね。
USB-C to USB-Aの充電ケーブルです。

rg353p,anbernic,アンバーニック,中華ゲーム機,中華エミュ機,レビュー,感想,使い方,

超分厚い保護シート。自動空気抜けの良いヤツです。

rg353p,anbernic,アンバーニック,中華ゲーム機,中華エミュ機,レビュー,感想,使い方,

マニュアルは裏表、中英の説明書です。

rg353p,anbernic,アンバーニック,中華ゲーム機,中華エミュ機,レビュー,感想,使い方,

ショートカットボタンの箇所はよく読んで覚えておきましょう。

rg353p,anbernic,アンバーニック,中華ゲーム機,中華エミュ機,レビュー,感想,使い方,

それではANBERNIC RG353P本体を見ていきましょう。

rg353p,anbernic,アンバーニック,中華ゲーム機,中華エミュ機,レビュー,感想,使い方,

内袋から取りだします。

rg353p,anbernic,アンバーニック,中華ゲーム機,中華エミュ機,レビュー,感想,使い方,

おお!何と几帳面にスポンジの緩衝材が取り付けられていました。その理由は後述しますのでお待ちください。

それではスポンジを取りましょう。

rg353p,anbernic,アンバーニック,中華ゲーム機,中華エミュ機,レビュー,感想,使い方,

ぬお~~~~~~~~~~~~~~~~~~~!!!!!きたーーーーーーーーーーー!!!!

rg353p,anbernic,アンバーニック,中華ゲーム機,中華エミュ機,レビュー,感想,使い方,

これはやばいです!!!!!今までのシャープなアンバーニックのイメージを覆す非常にポップなデザイン。まさにSNES仕様ですね。(SNESは海外のスーファミの名前です。SuperNintendoEnterteinmentSysytemの略)海外ではこのデザインに対して否定的な意見も散見されましたが個人的にはとっても素敵です。でも日本のスーファミカラー出たらもっと売れるでしょうね。
それではANBERNIC RG353Pの全体像を見ていきましょう。

【正面】

rg353p,anbernic,アンバーニック,中華ゲーム機,中華エミュ機,レビュー,感想,使い方,

全体に丸びを帯びたデザインがポップで可愛いです。RG503の時に指摘されたファンクションキーは正面左側に移動され、電源ボタンはその対象位置に小さなクリックボタンとして配置されました。これは対応と言うか再度部分がカーブしている事で基板からガワが離れすぎてボタンを設置するのんは面倒なので正面に持ってきたと思いますが、結果使いやすい形となりました。

【両サイド】

rg353p,anbernic,アンバーニック,中華ゲーム機,中華エミュ機,レビュー,感想,使い方,

上に向かってやや傾斜になっています。そのためANBERNIC RG353Pを手で握ると自然な状態でモニターが正面を向くようになっています。

【上面】

rg353p,anbernic,アンバーニック,中華ゲーム機,中華エミュ機,レビュー,感想,使い方,

LR12ボタンと、左から外部接続用のUSB-Cポート、リセットボタン、Mini-HDMI、ボリュームボタン、充電用USB-Cポートがあります。LR12ボタンに関しては後述します。

【下面】

rg353p,anbernic,アンバーニック,中華ゲーム機,中華エミュ機,レビュー,感想,使い方,

スピーカー穴とMicroSDカードスロットが2つ、3.5mmヘッドホンジャックがあります。スロットは左側が1、右側が2になります。

【裏面】

rg353p,anbernic,アンバーニック,中華ゲーム機,中華エミュ機,レビュー,感想,使い方,

左右に可愛いゴムのストッパーが付いています。本体を握った時のすべり止めと言うよりは個人的にはANBERNIC RG353Pを置いて据え置き機として遊ぶ時に本体が固定されるようにつけたのかなと思います。握った時のすべり止めのゴムにしては位置がちょっと微妙に感じます。

お次はANBERNIC RG353Pのスペックを見ていきましょう。

rg353p,anbernic,アンバーニック,中華ゲーム機,中華エミュ機,レビュー,感想,使い方,

CPU:RK3566 64bit 4コア Cortex-A55 1.8GHz
GPU:Mali-G52 850~950MHz
RAM:LPDDR4 2GB
OS:Android 11+Linux Dual OS System
Display:640×480( 4:3 ) 3.5inch IPSScreenマルチタッチスクリーン
Storage:Android 32GB Linux 16GB ( max512GB )
Battery:Li-Polymer 3500mAh
BlueTooth:4.2
Wi-Fi:2.4G/5G

ストレージはAndroidの場合は内蔵のeMMcの32GBで、LinuxはMicroSDカードの事です。最高で512GBまで対応しています。Androidは内蔵にゲームを入れても良いですしスロット2に入れても良いです。それはLinuxも同じです。ちなみにLinuxの方は大きなMicroSDに変えたい人はデフォルトのイメージを新しいMicroSDに書き込んでください。
ANBERNIC RG353Pのデフォルトイメージはコチラです→ ANBERNIC RG353Pのデフォルトイメージ

ANBERNIC RG353Pの身体測定もしていきましょう。

rg353p,anbernic,アンバーニック,中華ゲーム機,中華エミュ機,レビュー,感想,使い方,

縦:17.1cm
横:7.4cm
厚:2.0cm
重:216g

直近のANBERNIC兄弟と並べたらこんな感じで、まさに次男状態です。

rg353p,anbernic,アンバーニック,中華ゲーム機,中華エミュ機,レビュー,感想,使い方,

ボタンの詳細を見ていきます。

【メインの4つボタン】

rg353p,anbernic,アンバーニック,中華ゲーム機,中華エミュ機,レビュー,感想,使い方,

RG351MPから始まったアンバーニックのボタンの軟化ですがこれではっきりとしました。今まで一番抵抗が少ないボタンです。しかしだからと言って安っぽいボタンではなく真ん中に柔らかい芯があるようなプリッと感が押すときにあり、押し心地は確保されています。アンバーニックは抵抗が強いという押し心地からこちらの方面へのボタンの移行を模索したことがわかりました。

rg353p,anbernic,アンバーニック,中華ゲーム機,中華エミュ機,レビュー,感想,使い方,

ただ前回のRG503で一部のユーザーから懸念があったボタンのひっかかりに対応してかガワのボタン穴が今までのアンバーニックでは考えられないほど大きく少しボタンが揺れるようになっています。しかしこれによってボタンの押し込みに弊害が出ていませんので許容範囲かと思われます。

【十字キー(D-PAD)】

rg353p,anbernic,アンバーニック,中華ゲーム機,中華エミュ機,レビュー,感想,使い方,

こちらは前回のRG503とよく似ている感じで、少し重めの押し心地ですが、ボタンを押し込んだ後のボタンの戻りが弱いという面で柔らかいという感触を持つ感じです。ですので格闘ゲームの真空波動拳などの押したボタンにまた戻りボタンを押す必要がある入力には弱いと思います。

【アナログスティック】

rg353p,anbernic,アンバーニック,中華ゲーム機,中華エミュ機,レビュー,感想,使い方,

これは基本今までと同じですが、ちょっとだけ倒した方向から戻る力強い感じがして、ほんの少しだけ違和感を感じるかもしれません。

【LR12ボタン】

rg353p,anbernic,アンバーニック,中華ゲーム機,中華エミュ機,レビュー,感想,使い方,

LR12共にこの様に沈むように設計されていますので指を少し離してANBERNIC RG353Pを持たないと押しずらいかもしれません。押し後事はもさっという感じで沈む感じで独特です。ちょっと戻りが遅い感じがしました。希望としてはLR2は形状通りのパドルボタンが希望ですが、CPSのキックハーネスを使用する格闘ゲームの強キック強パンチを設定するにはこちらの方が押しやすいですね。これは人それぞれ希望があると思います。

実際に格闘ゲームでテストしました。

十字キーはやはり想像通り、真空波動拳が出しずらかったです。

rg353p,anbernic,アンバーニック,中華ゲーム機,中華エミュ機,レビュー,感想,使い方,

しかしアナログスティックはいつも通り好調でガンガン真空波動拳が出せました。

rg353p,anbernic,アンバーニック,中華ゲーム機,中華エミュ機,レビュー,感想,使い方,

液晶がRG503の有機ELに比べてやはり白飛び感はあれど、相変わらずのANBERNICの液晶クオリティの高さで非常に綺麗です。

rg353p,anbernic,アンバーニック,中華ゲーム機,中華エミュ機,レビュー,感想,使い方,

更にこのように視野角もとても広いです。

rg353p,anbernic,アンバーニック,中華ゲーム機,中華エミュ機,レビュー,感想,使い方,

そしてやはり4:3というレトロゲームの正対比でゲームが遊べることは非常に嬉しい限りです。ちなみにサウンドもなかなか良かったですよ。

それではANBERNIC RG353Pのシステムを確認していきましょう。まずは事前に入っているMicroSDカードを抜いた状態で起動してみましょう。

rg353p,anbernic,アンバーニック,中華ゲーム機,中華エミュ機,レビュー,感想,使い方,

このようにRG552と同じようにアンドロイドOSが立ち上がりました。※ちなみにGooleストアは入っていませんので別途自分のアプリをダンプして使用する事になります。

rg353p,anbernic,アンバーニック,中華ゲーム機,中華エミュ機,レビュー,感想,使い方,

システムを確認するとちゃんとAndroid11になっています。

rg353p,anbernic,アンバーニック,中華ゲーム機,中華エミュ機,レビュー,感想,使い方,

お次は付属されていたMicroSDカードを差し込んだままで起動させましょう。

rg353p,anbernic,アンバーニック,中華ゲーム機,中華エミュ機,レビュー,感想,使い方,

このように第四世代で見慣れたLinuxOSで起動します。これは使い慣れた方であったり、動きが良い方で遊べるので良いですよね!

ちなみに付属していたMicroSDカードをパソコンに挿すとこのように第四世代と同じようにゲームフォルダが出てきますので扱いやすいですね。Linuxモードでスロット2を使う場合はこのようにフォルダ構成を合わせてデータを格納すれば認識されます。

rg353p,anbernic,アンバーニック,中華ゲーム機,中華エミュ機,レビュー,感想,使い方,

最後にせっかくですのでHDMI出力をテストしましょう。

LinuxOS:Mini-HDMIを接続して再起動で出力を確認できました。

rg353p,anbernic,アンバーニック,中華ゲーム機,中華エミュ機,レビュー,感想,使い方,

AndroidOS:いつ接続してもパッと切り替わります。今はANBERNIC RG353Pもモニター点灯しておりますが多分これは設定から消せるはずです。

rg353p,anbernic,アンバーニック,中華ゲーム機,中華エミュ機,レビュー,感想,使い方,

いかがだったでしょうか。まさかのデュアルOSシステムでタッチパネル付き、CPUはRG503でそのパワーが実証済みのRK3566を搭載で非常に楽しみな中華ゲーム機ですね。欲しい方はアフターケアがしっかりとしているアンバーニック公式ページでどうぞ!

ANBERNIC RG353Pの商品リンクはコチラ ANBERNIC RG353Pの販売ページ
¥18,799

次はエミュレーターテストを一気にやっていきます→【2】ANBERNIC RG353P 実機徹底感想レビュー「エミュレータテスト結果」

これら記事は下記のお爺さんの公式Youtubeチャンネルで全て実際にプレイしている動画を挙げてますので、合わせて参考にして下さい。
まだチャンネル登録お済でない方は登録していただけますと嬉しいですし、高評価頂けますと次作品への元気になります。
ゲーム老人チャンネルhttps://www.youtube.com/channel/UC12oO7Nhb7-guQ8NNbm2_GQ



-RG353P, ゲーム

Copyright© 大阪のおじいさんの老後ブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.