大阪のしがないおじいさんの日々のブログ

大阪のおじいさんの老後ブログ

GPD WIN3

【6】GPD WIN3の実機感想レビュー「総括 AYANEOとGPD WIN3を比較して感想を言います」

投稿日:

GPDWIN3,GPD,GPD WIN,GPD WIN3,ベンチマークテスト,AYA NEOと比較,gpd win3 FF15 ベンチマークテスト,gpdwin3 ff14 ベンチ,UMPC,AYANEO,AYA NEO,OXP,ONEXPLAYER,ONE XPLAYER,中華ゲーム機,中華エミュ機,クーポン情報,開封,PS3,Wiiu,PS2,エミュレーター,感想,レビュー,

ここまで5回に渡ってご紹介してきましたGPD WIN3ですが、最後に総括したいと思います。
しかし他の商品の総括と違って、やはり誰しもが気になるAYA NEOとの比較をしつつの総括とさせて頂きます。
今日までかなり両者を使用して遊んできましたので、そのあたりも踏まえての詳細なレビューをしますので気になる方はご覧ください。

前回のGPD WIN3の記事はコチラです→【5】GPD WIN3の実機感想レビュー「GPD WIN3のエミュレータとPCゲームのテスト結果」

GPD WIN3の商品リンクはコチラ→GPD WIN3 の販売ページ
記事最下部にはクーポンコードもありますので合わせて参考にして下さい。

外観

GPDWIN3,GPD,GPD WIN,GPD WIN3,UMPC,AYANEO,AYA NEO,OXP,ONEXPLAYER,ONE XPLAYER,中華ゲーム機,中華エミュ機,クーポン情報,開封,

GPD WIN3とAYA NEOの大きな違いと言えばこの外観です。GPD WIN3にはスライド式のキーボードがついていて発売以前にはおおきな特徴とされていました。私もまず触ったのがAYA NEOだっただけにこのGPD WIN3のスライド式キーボードはどういったゲーム環境の変化を起こしてくれるのかなと期待しておりました。

しかし実際に使用したのは初期設定の時のほんの数回だけで、その他の各種エミュの設定などでは全てUSBでキーボードを接続してキーを使用しました。
つまり、本域でキーボードを使用したい人にはこのGPD WIN3のキーボードだけでは押しずらいですし使用しやすいとは言い難いです。ではポータブルとしてキーボード使う?と言われればGPD WIN3を外に持ち出してこれで仕事をする人もいないでしょうから、やはり個人的にこういったゲーム特化型のUMPCにキーボードは必要ないと感じました。

GPDWIN3,GPD,GPD WIN,GPD WIN3,UMPC,AYANEO,AYA NEO,OXP,ONEXPLAYER,ONE XPLAYER,中華ゲーム機,中華エミュ機,クーポン情報,開封,

今までの経験上唯一あって便利と感じるのはFFオンラインなどでしょうか。簡単な挨拶の言葉などを打ちながら進めるオンラインゲームでGPD WIN3を使用する人にはあった方が良いですね。私も360でFF11をやっていた時はコントローラーにキーボードを接続するやつを使用して遊んでいました。

ただしAYA NEOと同じ設定にしている背面の2つのファンクションボタンはAYA NEOと同等に非常に使い勝手がいいのでこれは必須です。

GPDWIN3,GPD,GPD WIN,GPD WIN3,UMPC,AYANEO,AYA NEO,OXP,ONEXPLAYER,ONE XPLAYER,中華ゲーム機,中華エミュ機,クーポン情報,開封,

そして大きさですが、GPD WIN3の方が縦横幅で言えばコンパクトではありますがかなりの厚みがあり写真などで見るよりも相当ごっつく感じます。ただしAYA NEOの方が縦横が大きいのでコンパクトさで言うとGPD WIN3に軍配が上がりますが、スマートではないのでそこは期待しない方が良いです。

液晶

GPDWIN3,GPD,GPD WIN,GPD WIN3,UMPC,AYANEO,AYA NEO,OXP,ONEXPLAYER,ONE XPLAYER,中華ゲーム機,中華エミュ機,クーポン情報,開封,

液晶のコントラスはAYA NEOよりも少しだけ良いと感じました。やはり同じH-IPSといっても少し種類が違うのでしょうかね。

しかし個人的にはGPD WIN3の5.5インチは厳しいと感じました。特に先にAYA NEOを触っている分だけこの1.5インチの差はかなり大きなものだと感じます。今までいろいろな格安帯の中華ゲーム機で小さい画面を触ってきましたが、やはりPCゲームで5.5インチは小さすぎて認識が難しいものが多くありました。モンハンなどはもう画面がぐしゃっとなってしまって見えにくかったです。PCゲームには最低限7インチが必要だと実感しました。

GPDWIN3,GPD,GPD WIN,GPD WIN3,ベンチマークテスト,AYA NEOと比較,gpd win3 FF15 ベンチマークテスト,gpdwin3 ff14 ベンチ,UMPC,AYANEO,AYA NEO,OXP,ONEXPLAYER,ONE XPLAYER,中華ゲーム機,中華エミュ機,クーポン情報,開封,PS3,Wiiu,PS2,エミュレーター,感想,レビュー,

あと、ちょっと気になったポイントとしてはタッチパネルの精度がGPD WIN3は悪いと思いますね。少しポイントがずれていたり認識が悪かったりして、あれ?タップしているのに・・・と言うタイミングが良くあります。当然AYA NEOもがちがちに良いとは言えませんが、かなりお互いを触ってAYA NEOの方がまだ感度は良いですね。

操作性

GPDWIN3,GPD,GPD WIN,GPD WIN3,UMPC,AYANEO,AYA NEO,OXP,ONEXPLAYER,ONE XPLAYER,中華ゲーム機,中華エミュ機,クーポン情報,開封,

GPD WIN3のアナログスティックが左右とも上にある事でLRへのアクセスがしにくいのは少しすれば慣れましたが、個人差によってはずっと気になるかもしれませんので注意してください。

GPD WIN3のLRのアナログトリガーはAYA NEOには現状ありませんが(現状はデジタル入力)今後無償アップデートで改善されることが告知済みですのでこれはイーブンになりました。

GPDWIN3,GPD,GPD WIN,GPD WIN3,UMPC,AYANEO,AYA NEO,OXP,ONEXPLAYER,ONE XPLAYER,中華ゲーム機,中華エミュ機,クーポン情報,開封,

GPD WIN3のアナログスティックはボール型のかなり大きな旋回物なので格闘ゲームの技が出しにくいです。しかしFPSゲームでは旋回幅が大きいので微妙な標準合わせが出来るのはポイントが高いです。
逆にAYA NEOは格闘ゲームで技が非常に出しやすいですがFPSゲームで標準合わせが少ししにくいと感じます。

メインの4つボタンや十字キーは個人的にはGPD WIN3の方が押し心地がとても良いです。

総括

GPDWIN3,GPD,GPD WIN,GPD WIN3,UMPC,AYANEO,AYA NEO,OXP,ONEXPLAYER,ONE XPLAYER,中華ゲーム機,中華エミュ機,クーポン情報,開封,

発表当初はGPD WIN3の方が性能だけを見れば圧勝と言う感じでAYA NEOは負け組、GPD WIN3は勝ち組という予想が大きかったですがふたを開ければ i7-1165G7の見切り発車のせいで「優等生だけど仕事が出来ないやつ」と言うのが現状です。

実際にGPD WIN3のベンチマークテストでは圧倒的にAYA NEOを引き離し、凄まじい数字を残したGPD WIN3ですが実際に色々なエミュレーターやPCゲームでテストをすると、はっきり言って「差はほぼない」と断言できます。
いや、差はないどころかGPD WIN3では起動できないゲームがあるなど不安定そのものでした。

STEAMのゲームではREDOUTとSAMURAI SPIRITSがクラッシュにより起動不可という最悪のシナリオでした。当然両者はAYA NEOでは普通に起動し遊べます。

GPDWIN3,GPD,GPD WIN,GPD WIN3,ベンチマークテスト,AYA NEOと比較,gpd win3 FF15 ベンチマークテスト,gpdwin3 ff14 ベンチ,UMPC,AYANEO,AYA NEO,OXP,ONEXPLAYER,ONE XPLAYER,中華ゲーム機,中華エミュ機,クーポン情報,開封,PS3,Wiiu,PS2,エミュレーター,感想,レビュー,

PCゲームにしてもAYA NEOで中設定で遊べるゲームをGPD WIN3で高設定で遊べるかというと無理で、結局は中設定で遊ぶ事になります。そうなればGPD WIN3の良い所は?と言う感じでした。更に言えば電力消費のコスパが悪く、フル充電から90分で電源が落ちるなどかなりの問題点が見つかりました。

私は試していませんがGPD WIN3はeGPUといってグラボを外付けするマシンに対応しているのですが(AYA NEOは未対応)、ごろごろする部屋にグラボを置いてコードで繋いで遊ぶというのははっきり言って現実的ではありませんし、それを繋いで机の上で遊ぶのならばもうパソコンで良いやん!ってのが正直なところでしょう。なので個人的にはそれはメリット部分には入りません。

これらをまとめたらおのずと答えは出てきて、GPD WIN3は大卒だけど現場では仕事が出来ない子。でも時給だけは大卒並。AYA NEOは高卒だけどよく気が利いて仕事出来るやつ。しかも時給は大卒より安い。と言う印象です。
GPD WIN3とAYA NEO両者で散々遊んで検証して素直に感じた事です。

二つを触って思ったことはやっぱりAYa NEOはゲーム好きな人がこだわって作られた血が通うゲーム機。GPD WIN3は商業ベースにのっとって製作された商品。
GPD WINはpocketあたりから大手会社の試行になり以前のようなチャレンジングな商品を出しません。今回のGPD WIN3もキーボードをどうしてもつけるなど色々なユーザーを取り込みたいという大手の製品作りになってしまった事。発売直前まではRYZENで制作していたのにちゃんとテストもせずに数字だけが良いintelの最新CPUに飛びついた事。これらすべてが裏目に出たのかなと感じます。

この様に見るとまるで私がGPD WINを卑下しているように見えますが、私はGPD WINの初代も二台、2も所持ているヘビーユーザーです。しかしpocketあたりからGPD WINの物作りにあまり興味がわかなくなりました。しかし今回はAYa NEOとちゃんと比較したいという思いから久し振りにGPD WIN3を購入しましたが、やはり触れば触るほど血の通ったAYA NEOとの大きな差を感じました。

個人的にはもう一度初代や2の時のようなユーザーの為に良いモノを作る!という姿勢を取り戻して欲しいと思います。
しかし今なおAYA NEOが売れればGPD WIN3のRYZEN版を出すとか、STEAM DECKが発表されれば新作を発表するなど、やはり商業ベースになりすぎている感はぬぐえず、このままいくと本当にAYA NEOやSTEAM DECKに座を奪われてしまうかなと感じます。

かなり辛辣な意見となりましたが、あくまでAYANEOとGPDWIN3を両方使用して検証や沢山のゲームをプレイして私が感じた事ですのでそこは念頭においてください。

GPD WIN3はBangoodさんで発売中ですので興味ある方はどうぞ。
GPD WIN3のi7バージョンの商品リンクはコチラ→GPD WIN3 i7バージョンの販売ページ
クーポンコード:BGJOEWIN3A
GPD WIN3 i5バージョンの商品リンクはコチラ→GPD WIN3 i5バージョンの販売ページ
クーポンコード:BGWIN33506

これら記事は下記のお爺さんの公式Youtubeチャンネルで全て実際にプレイしている動画を挙げてますので、合わせて参考にして下さい。
まだチャンネル登録お済でない方は登録していただけますと嬉しいですし、高評価頂けますと次作品への元気になります。
ゲーム老人チャンネルhttps://www.youtube.com/channel/UC12oO7Nhb7-guQ8NNbm2_GQ



-GPD WIN3

Copyright© 大阪のおじいさんの老後ブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.