大阪のしがないおじいさんの日々のブログ

大阪のおじいさんの老後ブログ

RG351P ゲーム

【1】RG351P 徹底感想レビュー「開封してスペック確認」

更新日:

乱世となっているRockchip3326搭載の第四世代中華ゲーム機戦線ですが、遂にこの中華エミュ機ブームの火付け役となったRGシリーズが登場です!
ですので本日はこの第四世代のRGであるRG351Pをご紹介します。

今回も前回に引き続きLDK GAMEさんからの提供で皆様にお伝えいたします。

LDK GAME直販サイトの発売リンクはコチラ。
¥9,990
LDK GAME直販サイトでのRG351P 販売ページ

届いた商品がコチラ。

毎度のRGシリーズのボーンフレームを使った格好良いデザインですね。

どうやら色は、黒、白、紫の三色展開のようで、私の物はブラックのようです。

では開封しましょう。

おお!
少し見えていますが、RG350の時の差し色はないのでしょうかね、一色単に黒に見えますが、まずは底下チェックに行きましょう。

RG351Pの付属品はコチラ

・マニュアル(英語・中国語)
・USB-Cケーブル

それでは内袋を取って本体に登場してもらいましょう。

おおっ!
なんと今回のRG351Pは一切の差し色なしのオールブラックです。
これにはRG350のナイキっぽいスポーティーなカラーを予想していた人はちょっと驚くのではないでしょうか。

軽く外観を見ていきましょう。
ボタンはRG350ではなく完成度の高いRG350Mの方と同じようです。

しかし刻印がRG350Mと比べて太すぎてちょっと野暮ったい印象をうけました。

本体の表面はRG350とは違い吹付けを荒くしたシボの状態となっており、テリが無くざらついた感じで明らかにRG350との違いを感じます。(シボという表現をYoutubeの視聴者様から教えていただきました。)全体的に非常にマットで渋いイメージです。

そして驚くは本体右側面のアナログジョグです。

これには驚きました。
これは多分ですがOSに依存しない基板依存の音量調整を試みているのだと思います。
デジタル入力にしてOS依存にするとOSを変えるごとに大きく仕様が変わる為、初心者向けにこの仕様にしたのかなと推察されます。これは実際に触ってみないと分かりませんのであくまで推測の状態です。

最後にスペックを確認

液晶: 3.5 inch OCA Tempered Glass Screen Lenses

解像度: 320 x 480

CPU: RK3326 Quad-Core 1.5Ghz

GPU: Mali-G31 MP2

RAM: 1GB DDR3

MicroSDカード: 最大256GB

電池: 3500mah

特筆するべきはバッテリーの多さです。
他の第四世代よりも1000Amhも多く、第四世代の電池容量に問題を持っていた人には大きな魅力になりそうです。

あとはCPUが今回もPowkiddy RGB10と同じく1.5GHzと記載しているところです。
残念ながらZPG Proでは1.5GHz表示もRGB10ほどの魅力的な動きはなかったのでRG351Pではどういった動きを見せてくれるか楽しみですね。

まずはファーストインプレッションでしたがRG351Pが気になる方は以下のサイトより購入してみてはいかがでしょうか。

LDK GAME直販サイトの発売リンクはコチラ。
¥9,990
LDK GAME直販サイトでのRG351P 販売ページ

【2】RG351P 徹底感想レビュー「外観徹底レビュー」

これら記事は下記のお爺さんの公式Youtubeチャンネルで全て実際にプレイしている動画を挙げてますので、合わせて参考にして下さい。
まだチャンネル登録お済でない方は登録していただけますと嬉しいですし、高評価頂けますと次作品への元気になります。
ゲーム老人チャンネルhttps://www.youtube.com/channel/UC12oO7Nhb7-guQ8NNbm2_GQ



-RG351P, ゲーム

Copyright© 大阪のおじいさんの老後ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.