大阪のしがないおじいさんの日々のブログ

大阪のおじいさんの老後ブログ

RK2020 ゲーム

【2】RK2020の開封感想レビュー RG350と徹底比較とスペック公開

更新日:

前回から始まりました最新中華エミュ機RK2020の感想レビューの続きです。
RK2020は今まで完全王者に君臨していた中華エミュ機の王様、RG350の王座を確実に奪う高性能の新商品です。
100均で保護シールを買ってカットし貼り付けました。とっても綺麗に出来上がりました。

安心激安で当方のブログではお馴染みの海外のECサイトTOMTOPさんで遂にアップデート版のRK2020が発売開始されました!
しかもまたもや激安です!
何と送料込みで8636円です!
TOMTOPのRK2020の販売ページ

今はまだ海外のRK2020の公式サイトでの販売となりますが、直近で日本amazonでも販売開始なようですので日本で買いたい方はもう少しの我慢です。
急ぎで欲しい方は私も購入したこちらからどうぞ。
https://rkconsole.com/

 

このRK2020の凄い所は一目瞭然その性能からもうかがえます。
公式で発表されているスペックがコチラ。

•OS: Retro Arch
•CPU : RockChip RK3326 (Quad-Core ARM Cortex-A35 1.3GHz)
•GPU : Mali-G31 Dvalin
•Memory: 1GB (DDR3L 786Mhz, 32 Bits bus width)
•Display: 3.5inch 320×480 IPS screen
•Battery: Li-Polymer 2600mAh

凄いですね。数字だけ見てもその性能の高さがうかがえます。
例えば中華エミュ機の王者RG350と比べてみましょう。

ゲームの動きに直結するCPUはRG350がデュアルコア(2コア:頭脳が二つという感じ)で1.0GHzに対して、RK2020はクアッドコア(頭脳が何と4つ!)で1.3GHzと2倍以上の性能となります。
GPU(グラフィックをつかさどる頭脳)も調べたら非常に性能が良く注目を受けているものが使用されていて、高性能CPUに高性能GPUで鬼に金棒状態です。

メモリ(色々なデータを作業する机の広さ的な感じ)の容量もRG350の二倍で、すべて合わせると一体RG350と比べて何倍の高性能なんだろうという感じになります・・・。凄すぎます・・・。

 

ただ問題なのが、そこまで性能が良ければ本体が大きくなってしまうんじゃ?と思いがちですがこれが驚きの結果です。
RG350と大きさを徹底比較。

まず横幅

ほぼ同じ

大きいどころか小さいです・・・

高さ

まさかの全く同じ・・・。(写真ではRG350が高く見えますが触ると段差はありません)

つまりRG350よりも高性能で体積が小さくなってしまいました。。。理論上はあり得ないですが、なんと現実です。。。これは結構な衝撃です・・。

 

では重さは・・

あ・・・まさかの軽い・・・しかも20g以上軽いです。
もうこれはチート状態ですね。

あまりに凄すぎて言葉も出ないと思いますし、私が購入前に懸念していた、いや、これ高性能すぎて怪しすぎる、が全て本当だったという感じです。
はい、という感じで少し長くなりましたので続きは次回のお楽しみ。

【3】RK2020の外観徹底レビュー

安心激安で当方のブログではお馴染みの海外のECサイトTOMTOPさんで遂にアップデート版のRK2020が発売開始されました!
しかもまたもや激安です!
何と送料込みで8636円です!
TOMTOPのRK2020の販売ページ

本日の記事の様子はお爺さんの公式Youtubeチャンネルでもご覧いただけますので、よろしかったら合わせてどうぞ、
まだチャンネル登録お済でない方は登録していただけますと嬉しいですし、高評価頂けますと次作品への元気になります。
ゲーム老人チャンネルhttps://www.youtube.com/channel/UC12oO7Nhb7-guQ8NNbm2_GQ



-RK2020, ゲーム

Copyright© 大阪のおじいさんの老後ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.