大阪のしがないおじいさんの日々のブログ

大阪のおじいさんの老後ブログ

ゲーム

スーパーファミコン版の真女神転生2をクリアした感想

投稿日:

真女神転生,真女神転生2,真・女神転生,真・女神転生2,shin megami tensei,SFC,スーファミ,スーパーファミコン,スーファミ版,スーパーファミコン版,女神転生,メガテン,メガテン2,真メガテン,真メガテン2,悪魔合成,実況,ゲーム実況,おじさん,静か,のんびり,ゆっくり,マイペース,gameplay,ライブ,生放送,live,ライヴ

いやはや長かったです・・・・。
はじめはちょっとだけやる企画から始まった真女神転生2の実況でしたが、意外と気になる方が多くいてくれたおかげで何やかんやと進めていたら退くに引けない状態になり遂にエンディングまで行ってしまいました。

当初は「昔、これクリアしたことがある!」と豪語していましたが、多分、これ違いましたね・・私がクリアしたのは別のナンバリングだと思います。ホーリータウンまでやってこれは終わっていた気がしますね。もしかしたらクリアしたのは真女神転生1かもしれません。

真女神転生,真女神転生2,真・女神転生,真・女神転生2,shin megami tensei,SFC,スーファミ,スーパーファミコン,スーファミ版,スーパーファミコン版,女神転生,メガテン,メガテン2,真メガテン,真メガテン2,悪魔合成,実況,ゲーム実況,おじさん,静か,のんびり,ゆっくり,マイペース,gameplay,ライブ,生放送,live,ライヴ

それにしてもやはりデザイナー金子一馬感が満載のこの辺りのシリーズは抜群です。
今はペルソナシリーズとしてスタイリッシュなオカルトになってしまい、ちょっと残念ではありますが、やはりこのあたりの金子さんの息がそのままかかったような世界観はもう今の時代には発売されないのでしょうね、残念です。

そしてその世界観を見事に伝えたグラフィックもこのゲームの最大の特徴と言えます。
綿密に考えられた近未来と宗教観という相対する水と油を見事に混ぜ切った配色やUIは圧巻です。
この当時はデータ管理上難しかった一枚へのグラフィックもふんだんに使われ何十年も前のゲームをせっせとやっているという感覚に一切させないビジュアルは凄かったです。
グラフィックの方針も寄りかからない方針が何十年後でも「昔の作品」という印象を与えず、常にそこに新鮮にあり続ける真女神転生でいられるのではないでしょうか。
最近のゲームから失われたマイノリティの美しさがこの作品にはあります。

真女神転生,真女神転生2,真・女神転生,真・女神転生2,shin megami tensei,SFC,スーファミ,スーパーファミコン,スーファミ版,スーパーファミコン版,女神転生,メガテン,メガテン2,真メガテン,真メガテン2,悪魔合成,実況,ゲーム実況,おじさん,静か,のんびり,ゆっくり,マイペース,gameplay,ライブ,生放送,live,ライヴ

ただ欲を言えばこれだけ素晴らしい作品をもっと完成度の高さでプレーしたい!という気持ちもあります。
これはこの作品を愛する多くの世界中のプレーヤーの懇願なのではないでしょうか。

進行にあまりに説明がない、不親切なのかゲームとしての難易度かわからない面倒な仕様の数々、ゲーム進行を遮るバグ、ゲームバランスの悪さなどがこの素晴らしい作品を愚策と振り切って投げ捨ててしまう要因になっています。

このゲームには数多くのやりこみ要素がありますがどれも説明がなく悪魔合体以外は必勝本を併用しない限りは未使用のままクリアしてしまうでしょう。そしてそれらの必要性があまりに低いので存在にすら気づかぬままという私のような人も多いはずです最後まで剣合体は意味が不明でした。

真女神転生,真女神転生2,真・女神転生,真・女神転生2,shin megami tensei,SFC,スーファミ,スーパーファミコン,スーファミ版,スーパーファミコン版,女神転生,メガテン,メガテン2,真メガテン,真メガテン2,悪魔合成,実況,ゲーム実況,おじさん,静か,のんびり,ゆっくり,マイペース,gameplay,ライブ,生放送,live,ライヴ

魔法や道具に意味がない。
魔法の攻撃力が低すぎるのと無下に種類が多すぎて使いどころも定まらないので最初から最後まで皆で敵を叩くという行動のみとなり魔法主体のモンスターポジションがありません。それは道具も同じで種類ばかりが多いわりに肝心なステイタス回復アイテムが一切ないなどいまいちな感じで終わっています。
武具も同じで中盤から店売りは鉄砲ばかりになってしまい、とても不思議な品ぞろえになります。

FFのスクエニあたりから必勝本を同時購入してプレイをしてもらうというのが売り手側の販売方法になってきて、普通にプレーしているだけではクリアさせないという手法が横行しました。多分、真女神転生2もその道を取ったんだとおもいます。そしてもしもそうであれば、きちんと道順を追って進めるので私がデメリットして捉えてしまった部分も一切ないメリットのみのゲームを楽しめたのかもしれませんね。

真女神転生,真女神転生2,真・女神転生,真・女神転生2,shin megami tensei,SFC,スーファミ,スーパーファミコン,スーファミ版,スーパーファミコン版,女神転生,メガテン,メガテン2,真メガテン,真メガテン2,悪魔合成,実況,ゲーム実況,おじさん,静か,のんびり,ゆっくり,マイペース,gameplay,ライブ,生放送,live,ライヴ

最後に物語についてです。(※ネタばれありなので未プレイの人は読まないでください)
私は知らぬ間にLAWルートという所に入ってしまっていたようです。

ちょっと面白いのがLAWルート、つまりは光の道に進んでいるのにラストはサタンが味方となり静粛を行っていくという部分が笑えましたね。ただそのサタンは私のゲームで言うところのおじーさんが化身となったサタンなので、そういう見方をすればサタンの具現化の希望の逆手を取ってサタンの力を手に入れたおじーさんが静粛を行い、最後はこのままでは本当のサタンになってしまうから自らサタンを封印する為にも地に帰ったのかもしれません。

真女神転生,真女神転生2,真・女神転生,真・女神転生2,shin megami tensei,SFC,スーファミ,スーパーファミコン,スーファミ版,スーパーファミコン版,女神転生,メガテン,メガテン2,真メガテン,真メガテン2,悪魔合成,実況,ゲーム実況,おじさん,静か,のんびり,ゆっくり,マイペース,gameplay,ライブ,生放送,live,ライヴ

しかし最終的にやはり人類の選別でしか地球に未来がなかったという悲しい現実ですが、今コロナでこんな状態でもサーフィンをしたり街を練り歩く人達を見ると、このエンディングの意味も分かってきそうで怖いですね。この時代から世の中は変わっていないんですね。
ただし人間はしっぽ切をすればまたその中でしっぽが現れるのも事実で、削除の方法は最終的に解決にならないことが経験上多く、しっぽたちをどうやって動かすかを考えることがさらなる人間の成長に繋がったりもします。
ニュートラルではそんなエンディングもあったんでしょうかね。

という感じで語ってきました真女神転生2の感想レビュー。
本当に楽しい作品なので皆さんも是非rg350などで昔のゲームを楽しんでください。
まだお爺さんの動画を知らない方は是非真女神転生2の実況をご覧ください。
一話目がこれです↓



-ゲーム

Copyright© 大阪のおじいさんの老後ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.