大阪のしがないおじいさんの日々のブログ

大阪のおじいさんの老後ブログ

ゲーム

epsxeのセーブデータをPSPやPSvitaのAdrenalineで使えるように変換する方法 2019年度版

投稿日:

epsxeのセーブデータをPSPやPSvitaのAdrenalineで使えるように変換する方法 2019年度版

GPDWINにプレステ1エミュレータのepsxeを入れてポポロクロイス物語を遊んでいたのですが、想像以上に面白くなってきてプレイ時間が長くなってきたので、あまりGPDWINに負担をかけないように続きはHenkakuを導入したPSvitaでプレイしようとしたのですが、これが結構躓いたので、同じ方がいたらと思い参考程度に解決策を書いておきます。

この手の記事は既に散々あるのでいつものように写真付きではなく、軽くサラッと記述します。

 

まずはGPDWINのepsxeのポポロクロイスのセーブデータを取り出します。
セーブを一つだけ作っていてもセーブデータには「○○_001mcr」と「○○_002.mcr」の二つのセーブデータがあると思うので2つとも取り出してください。

http://web.save-editor.com/tool/wse_ps1_save_converter.html
上記のサイトへと行き、セーブデータをPSvitaで引き継げるデータに変換します。

2つのデータを変換しますが抽出時に同じに名前にされるので名前の後ろにある数字の部分を「○○_001mcr」の方は「0」に。「○○_002.mcr」の方は「1」にしてそれぞれ保存しておきます。

 

そして次はゲームデータをPSvitaのAdrenalineで起動できるようにします。
まずはコチラよりPSX2PSP_v1.4.2をダウンロードします。
https://ux.getuploader.com/rorudo/download/25/PSX2PSP_v1.4.2.zip

解凍しPSX2PSP.exeをクリックして起動するとシンプルなUIが開きますので一番左上のISO/PBP FileをクリックしてGPDWINに入れていたゲームデータをと同じゲームを選択しましょう。
ISOでもCUEでも選択可能です。

有能ソフトで選んだデータを読み取り自動でタイトルやゲームIDが記入されますが、もしも記入されない場合は記入しましょう。

画面右側のメニューを使えばPSvita Adrenaline上で表示されるアイコン類を設定出来るのでこだわりたい人は各種画像データなどを用意して設定して自分なりのアイコンを製作しましょう。
ただしここにこだわりすぎると、まれにこのアイコンが不具合を起こして起動エラーを吐くこともあるので、個人的にはアイコンイメージと、スプラッシュイメージ、バックグランドイメージのみとしています。

例えばWipeOut1であればこんな感じ。

epsxeのセーブデータをPSPやPSvitaのAdrenalineで使えるように変換する方法 2019年度版

ICON0.PNG(144 x 80)

epsxeのセーブデータをPSPやPSvitaのAdrenalineで使えるように変換する方法 2019年度版

BOOT.PNG(480 x 272)

各種設定が終わりましたら左上から二番目の、Output PBP folderをクリックし、データの抽出先の場所とを設定します。

そして最後に画面下にあるConvertを押せば抽出が開始され、数分で画面下にDoneと出れば抽出完了でアウトプットで指定した場所にデータが出来ています。
でーたは先ほどの設定のGameIDのところにあった数字のフォルダで抽出されており、このファイルごとを使用します。

 

それではPSvitaとPCを接続しデータをまずはわかりやすい場所に移動させます。

PSvitaをPCから外し、Vitashellを起動しまずはゲームデータをフォルダごと以下の場所に移動させます。

Ux0:/pspemu/PSP/GAME/

そしてAdrenalineを起動すると、PS1ゲームのアイコンが出ていると思うのでゲームを起動し、ゲーム内でとりあえず何でもいいのでセーブをします。
ゲームを終了し、もう一度Vitashellを起動し以下の場所に移動。

Ux0:/pspemu/PSP/SAVEDATE/

すると先ほど起動したゲームのゲームIDのフォルダがあると思います。
その中に2つ同じ名前で後ろの数字だけが違うセーブデータがあります。
例えば

abcd_001.vmp
abcd_000.vmp

もしこのような名前であれば、これに合わせて用意したセーブデータも各種同じ名前にリネームし、ここに上書きます。

 

そして最後にチェックしてゲームのデータ引継ぎ画面にセーブデータ反映されていれば成功です!!

はじめはすぐこんなこと簡単だろうと高をくくっていたらえらい目にあいました。
既にこの手の記事は昔から沢山あったので、ホイホイとやってみるとどれもエラーを起こします。

 

理由は色々あると思いますが、やはりAdrenalineということで結構データに癖があって受付幅が非常に狭いと思います。
特にゲームのPBP化は苦しみました。

これは有志が沢山変換ソフト作っているため色々存在する分、どれを使ったらいいか悩み、エラーを起こしてはまた別のソフトで変換を繰り返しましたが、最後はPSX2PSPに落ち着きました。
セーブデータをリネームだけとおもっていましたが上手くいかずに、サイト経由の変換しかダメでした。

 

変換プレイ後数時間行っていますがエラーなどなく行えているのでこれで問題はなさそうですので是非参考にしてください。



-ゲーム
-

Copyright© 大阪のおじいさんの老後ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.