大阪のしがないおじいさんの日々のブログ

大阪のおじいさんの老後ブログ

ゲーム

オクトパストラベラーの感想レビュー【本題①】

投稿日:

オクトパストラベラーの感想レビュー

合計で100時間以上プレイしました。基本はパソコンでプレイして寝る前などにノートパソコンで一時間程度レベル上げをするという本当に久しぶりに「RPG俺やってるなー」という楽しい時間でした。本当に少年時代のようにがむしゃらにレベル上げしましたね・・・。

オクトパストラベラーは主人公キャラが8人いて、それぞれにメインストーリーが4章まであります。どれをこなしていくかはプレーヤーが自由に選べます。
分かりやすく言うと、普通のRPGのような大きな物語が一つではなく、そういったメインストーリーが8人分ある感じです。ただそれぞれ独立して冒険するのではなくてその別々のメインストリーを全員で挑んでいきます。

オクトパストラベラーの感想レビュー

これに加えて広い世界には星の数ほど小さなクエストがちりばめられていて、色々な街のイベントを別の街のイベントと繋げるようなものがあります。
例えば「私はこの町で拾われたけど別に家族がいて」という話を聞いてイベントを受けると、他のどこかの街で「昔子供をどうしても手放さなくてはいけなくなって・・」という母親を見つけて二人を合わせるなどがありますし、一回では終わらずイベントキャラの人生を追うような長めのイベントもあります。

一見MMORPGでありがちなお使いイベントに聞こえるでしょうが、オクトパストラベラーのイベントは全てが秀逸にできていて、本当にショート小説のような哀愁を感じれるイベントが多く、消化というよりも本当に本を読む感覚でイベントを行うことができます。

次回に続く
オクトパストラベラーの感想レビュー【本題②】



-ゲーム

Copyright© 大阪のおじいさんの老後ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.