大阪のしがないおじいさんの日々のブログ

大阪のおじいさんの老後ブログ

GPD WIN ゲーム パソコン

GPDWIN2が故障したので修理に出した(後半)

投稿日:

GPDWIN2が故障したので修理に出してみた

GPD WIN2を購入して依頼、初めに色々初期設定した後はあまり使用していなかったのですが、ここ最近プレイしているパソコンゲームの作業プレイの時に寝ころんでやりたいなあと久しぶりに引っ張り出して2週間ほど毎日2時間遊んでいましたら少し異常が見られ始めました。
GPDWIN2が故障したので修理に出した(前半)の記事はコチラ

 

そして2週間後いきなり日本の会社からメールが来ました。「修理が終わったので発送完了しました」
「え~~~~~~~~~~~~~!!」
1~2ヶ月どころかお盆入れてのたった2週間・・・3000円ってことは船便でしょうから普通ならばまだ中国にも届いていないような時期にもう完了メールが来ました。
「ひょっとして故障内容を見てアップルの対応みたいに修理交換と言いつつ新品が帰ってくるのかな?」何て期待をして箱を開けると見事に私自身が送ったGPDWIN2が良くも悪くも入っていました。

 

まずはデータがぎっしり入ったSSDに入れ替え安直に電源をON!
するとロードが長くかかり少し不安に。。。。。。

個人的にGPDWIN2のHDDならびにOSがインストールされている母体ははSSDなので、ただ入れ替えるだけで普通に起動すると思っていました。
しかしブラック画面に「少しお待ちください」のメッセージ。
「ええ・・・・これ変な事になったらハイパースピン全部入れ直しだぞ。。。。」と怯え始めます。

 

そして次に「修復を試みます」のメッセージ。
「ええええ・・・・・やばい・・・・か・・・これ・・・・」

長いロード画面の最後にとどめのメッセージ

 

「修復に失敗しました。パソコンを再起動させますか?」

 

「ああああああ。やってもた。。。。。おわった。。。。。。」
泣く泣く再起動するもなぜか起動せず。。。。。「あ、壊れた???」と、思いつつ一度完全シャッドダウンさせて、改めて電源を入れると何事もなかったかのように以前の状態で起動。
ハイパースピンなども確認しましたが構成もずれておらずすべて無事に起動しました。
「いや、心臓止めるかと思いました」

GPDWIN2が故障したので修理に出してみた

そして充電の方は今のところちゃんと治っているようです。ただまだ修理に出す前ほどの長いプレイはしていないので何とも言えませんがとりあえずは安心しました。

そして驚きが、実はGPDWIN2はボタンのストロークが深いせいで個体差では若干ボタンにきしみがあり、私の期待にも少しそれがあったのですが何故か修理後のボタンはそれが解消されていました。
ひょっとしたら他の修理の時にそれに気づき対応してくれていたのかもしれません。

 

正直100000円近いゲーム機が使用機会も非常に少ない中で一年ほどで故障してしまった事については故障時はかなり憤慨しておりましたが、その後の会社側の対応が非常に迅速かつ丁寧でしたので今となっては怒りなどはなく、逆に良かったなーと思っています。

昔は中国製というと面白い反面、「壊れたらはいそれまでよ」の世界でしたが、仲介する業者の質が上がったり中国の本社自体も責任をもっているという事に本当に驚きました。近々GPDWIN3も出るようなのでそのあたりも含めつつ楽しみにしたいと思います。



-GPD WIN, ゲーム, パソコン

Copyright© 大阪のおじいさんの老後ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.