大阪のしがないおじいさんの日々のブログ

大阪のおじいさんの老後ブログ

パソコン

Youtuberが消える時がYoutube復活の日

投稿日:

「最近Youtubeつまらないなー」、「うざいなー」ほとんどの方がそう感じていると思います。
心配ありません、それはあなただけではなく沢山の方々も全く同じ気持ちでいます。

最近Youtubeで大きな異変がどんどん起きています。それは以前よりもかなり早いスピードで起こっています。
それは異様に動画に広告が入る事です。

 

以前は動画の初めにたまに入ることがある、程度でしたが今では10分くらいの動画に3~5個位入るのが当たり前になってきていますよね。
これ、あまり知られていないのですが、

「動画に入れるCMの数や場所はYoutube側が勝手にし差し込んでいるのではなくて、制作者自身が決めています」

当然沢山入れれば収入は増えます。
これ、本当に意外と知らない人が多いのです。

つまり、キャラ作りでのほほんとしているYoutuberの〇ズチャンネルだって、きっちりとお金が欲しくてそんな編集もいらない動画に、天然おとぼけキャラでとぼけたふりしているけど、きっちりと沢山CMを自身の判断ではさんでいるんですよ。怖い怖い・・・それで自分はたらふく高級なパーツ買いまくってるんだからウハウハですよね。

 

さて、ここでもうお分かりと思うのですが、当初は一回あるかないかのCMだったのが、今やせきを切ったかのようにたらふくはさみまくるのには理由があります。
それは1つの広告料が1/3以下になっているからです。だから単純に今までの収入をやめれないYoutuberはその倍数広告をはさむのです。

ではなんでYoutubeの広告料は減っているのか?
単純です。

Youtuberが大人にとってつまらないからです。

 

今Youtuberを支えているのは時間がたっぷりとある子供たちです。彼らがひたすら動画を見続けてどんどん再生回数を増やしています。しかしそこでいくらCMを流しても財力のない彼らは一切お金を落としません。つまり広告主としてはYoutubeに流す費用対効果がとても低いと、ここにきてようやく気付き始めました。単なる再生回数というトリックに気付き始めたのです、そして撤退を始めています。
なので最近CMが流れずにGoogoleのビッグデータ収集用にアンケートが出る機会増えていますよね。あれはCMがないので、しかたなく自分の会社の為にせめてデータを取っているのでしょう。

 

有料会員を始めたりと畳み込むようにYoutubeからお金が発生するシステムを模索していますがすべて不発ですね。だって相手は無一文の子供ですからね。で、その視聴者から金を儲けようとあほを演じるYoutuberがパラサイトのように増殖しています。そしてまたGoogleは支出ばかりが増えます。

最近のYoutubeの動きはかなり顕著で、ひょっとしたら本格的に子供視聴者しかいないYoutubeへの支払いをストップか超減額するでしょう。そのとき、「うざい動画」は一気に減り、本当に面白いものを提供する人にお金が行く優良なサイトになるともおもいます。

 

別に子供向けが悪いとは言いませんが、それではYoutubeはやっていけません。だからその流れは残念ながら消えてしまうというお話でした。



-パソコン

Copyright© 大阪のおじいさんの老後ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.