大阪のしがないおじいさんの日々のブログ

大阪のおじいさんの老後ブログ

GPD WIN ゲーム パソコン

GPD WIN 2のSSDを換装する方法 ④ (換装したSSDにドライバやWindows10をインストールする)

更新日:

GPD WIN 2のSSDを換装する方法 ④ (換装したSSDにドライバやWindows10をインストールする)

GPD WIN 2の大容量SSDへの換装の仕方を順を追って説明してきましたが今回でようやく最終回です、あと少しです頑張りましょう。

GPD WIN 2のSSDを換装する方法 ④ (換装したSSDにドライバやWindows10をインストールする)

データを入れたUSBメモリをGPD WIN2本体に刺し、電源を入れます。
上記写真のGPDのロゴが出たらすかさず「FnとF7」キーを同時に連打してください。

GPD WIN 2のSSDを換装する方法 ④ (換装したSSDにドライバやWindows10をインストールする)

ボタン同時に成功するとこんなメニューが出るので、上から二番目の「UEFI:SanDisk, Partion 1」をキーボードの方向キーを使って選択して「Enter」を押してください。
※画面が横になるのは仕様ですので安心してください。そのまま作業してください。

GPD WIN 2のSSDを換装する方法 ④ (換装したSSDにドライバやWindows10をインストールする)

成功するとこんな感じに画面にずらーっと英語がばらばらで続けるので終わるのをのんびり待ちましょう。
初期セットアップが終了すると勝手に再起動してWindows10が起動しますがこれで終了ではありません。

 

画面に沢山見慣れないアイコンがあると思いますが、それらは初期セットアップで残ってしまったゴミです。でもこれを綺麗にするアプリも入っているのでそれを使用して最後の処理を行います。
画面のアイコンの中に「Cleanup Tool」というものがあるのでそれをクリックして使用しましょう。

GPD WIN 2のSSDを換装する方法 ④ (換装したSSDにドライバやWindows10をインストールする)

そうするとまたプログラムが走るような画面が出て、次はWindows10の初期セットアップが開始されますので、ご自身の好きなようにセットアップをすればGPD WIN 2の綺麗な初期状態の完成です。
お勧めとしては、まずはWi-Fiに繋げずにシンプル状態でWindows Defender Scanを行って安心か調べてください。

それがクリアになったら初めてWi-Fiに繋げてください。
ただ、このWi-Fiに繋げた時点でWindows10のアップデータがどっと押し寄せてくるので注意が必要です。
かなり容量アップしましたhが、それでもアップデートは入れたくないという方は当方法の初代GPD WINの記事を参考にしてWin10アップデータを手動でとめてください。
あと、たまに自動でWindows10のライセンスが認識されないようなので、本体プロパティから手動認識してあげてください。
滅多にないそうですがアカウントキーでエラーが出たら製作会社が代わりのキーを教えてくれるそうなので、その場合は問い合わせをしましょう。

しかし、当方全部アップデート入れましたがGPD WIN 2で不具合は発生していませんし、やはり240GBあればアップデートを入れても何も問題はありませんし、インストールしても良いかなカ?と個人的には判断しております。

GPD WIN 2のSSDを換装する方法 ④ (換装したSSDにドライバやWindows10をインストールする)

さあ、最後はこれです。
ゴム足(笑)

これを本体底面につけて無事作業は終了です!
皆さんと同じで、私も「メタリック形態にこんなゴム足つけるの嫌だな・・・」って思いながら半信半疑で付けましたが、いやはや今後の事考えるとこいつ大活躍しますので、勇気をもって貼ってあげてください。

 

これでデスクトップパソコンのWindows10と同じ状況になりましたのであとは皆さんでのんびり楽しんでください。
ただ、当方では初代GPD WINの記事をちょこちょこ上げていますので、スペックが変わったGPD WIN 2との比較感想記事や、初代では搭載していなかったエミュレーターの改めての搭載記事などものんびり書いていきますね。
お楽しみに!



-GPD WIN, ゲーム, パソコン

Copyright© 大阪のおじいさんの老後ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.