大阪のしがないおじいさんの日々のブログ

大阪のおじいさんの老後ブログ

GPD WIN ゲーム パソコン

初代GPD WIN z8750の初期設定①「ドライバをバックアップ」

更新日:

初代GPD WIN z8750の初期設定

本日から本格的に初代GPD WIN z8750を完ぺきなゲーム機に仕上げていく壮大な遊びが始まりますので、お付き合いください。

箱を開け、充電しながらまずは老後にとっても大切な昼寝を、クーラーをゆるりとかけて、静かーに回る扇風機の音を聞きながら思います。
大体今日までこんな楽し過ぎる商品が届いたら、もっとウキウキするのに、これから来るであろう最大の楽しみという確立された疲労を前にびびっている自分がいました。

 

1時間ほどの昼寝が終わり、さあ作業(戦闘)開始。

初代GPD WIN z8750といえばマニアックなおもちゃでありながら、こんなまだまだ言っても素人レベルのおじいさんでも耳に届いた代物。
「いろいろなサイト様を経由していけば」という安易な考えがありましたが、調べ始めて呆然。

意外や意外・・・。
確かに検索すれば沢山結果は出ますが、どれも端を折ったような記事ばかり。
何というか、結果だけ。みたいな感じで、簡易レビューでどれも終わっていて突っ込んだ記事がありません。

。。。。あ。。。いつもの嘘記事アフィリエイトね。。。。
。。。。という事で、こうなったら、このサイトが初代GPD WIN z8750のまとめサイトになってやろうという意気込みで、昼寝前の予感は的中するのでした。

 

で、なにわともあれ。
初代GPD WIN z8750買いました!!
電源入れました!!!

で、、、、何をすれば??
から始まります!
まとめサイトは目指しますが、本当にかなりややこしかったので、夢中で作業をして写真などはありませんのでご了承ください。

 

1.初代GPD WIN z8750にインストールされているドライバのバックアップを取ります。

今後色々弄っていきますので、当然初期化の機会をもあるでしょう。その時に大変なのがドライバのようです。
初代GPD WIN z8750はマウスモードやコントローラモードなど、特殊なドライバが数多くインストールされており、初期化の後で一番困るのはそれらドライバを入れていくことなんだそうです。
なのでまとめてドライバをバックアップできるソフトを使い、まとめてバックアップを取ってしまいます。

それに使用するのがDouble Driver

 

まずはデスクトップパソコンでDouble Driverをダウンロードして、USBメモリかSDカードに移し、GPDWINにコピーして使用しましょう。

まずはdd.exeを管理者で権限で起動。
トップメニューのBackupボタンを押し、次は下にあるScan Current Systemボタン押す。

すると、ずらっとドライバが表示されるので
トップメニューのSelectボタンの▼を押し、Allを押して、右下のBackup Nowボタンを押します。

そうするとどうやってバックアップするを選択する画面になるので自由なのを選んでください。
私は初期化の後にしか使うことがないので、まとめて圧縮である上から二番目のCompressed(zipeed)folderを選択。

 

圧縮書き出しに時間がかかるので、充電プラグをつけたり。Win10の電源プラン設定で勝手にシャットダウンしたりスリープにならないようにしておきましょう。
画面下にゲージが出るので終わるまでのんびりまちましょう。

終わると画面中央に「この操作を正しく終了しました」とでるので。
それが出ればひとまず1つ目の作業。
ドライバのバックアップは完了です。

まとめてバックアップしたデータは再びこのソフト使ってまとめて戻せるので便利ですよね。

 

さあ、かなり文字数もいってしまったので本日はここまでです。

この後も初期設定にはかなりの時間を要します。今記事を書いているときは正直初期設定は終わり次の作業に入っておりますが、本当に自分で全て調べて作業していくのは大変でした・・。
オークションなどで新品同然に出品されている出品者の多くがコメントに「使い方がいまいちわからなかった」と書く意味がわかりました。
こういう事だったのですね・・・。

まあ、そういった方たちもこのサイトを見て、1個づつ作業していけば初期設定は終えれるので、そういった方々の参考書になれれば幸いです。



-GPD WIN, ゲーム, パソコン

Copyright© 大阪のおじいさんの老後ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.