大阪のしがないおじいさんの日々のブログ

大阪のおじいさんの老後ブログ

IgA腎症闘病記

【IgA腎症末期患者の闘病記:24】アスピリン喘息持ちがステロイドパルス治療を受けたました

更新日:

IgA腎症の治療のため扁桃腺摘出術+ステロイドパルス療法を受けることを決心した私ですが、まさかのアスピリン喘息が発覚。
ステロイドパルス治療を辞めるかという判断を迫られましたが、もう男ならここはやるしかない!とケツの穴を締め上げ、決行の意思を先生に告げました。

 

定期健診の日「さて、いよいよですね、いつ頃からステロイドパルス治療しましょうか?」と話になったときに、先生がポツリと「まあ、明日からでも良いですけど」と言う言葉に反応してしまい、「ではお願いします」といきなり次の日に入院となりました。

もうここまでこんな心の葛藤を乗り越えているのです。勢いが半端なかったです。

 

重複しますが記載しておきます。
私のステロイドパルス治療の予定は1年に3回。2ヶ月の間を空けて行います。

1入院は4日で、その中で1日一回のステロイドパルス注射を3日間大量点滴します。大量と言っても500mgで見た目には小さなボトルです。しかし少ないように見えて体的にはこれは大変異常な量なのです。

 

普通の人は1時間ほどで点滴を終えるのですが、私はアスピリン喘息の疑いがありましたので満を持して2時間以上かけてゆっくりと点滴しました。

何とその間ほとんどの時間主治医の先生が横についてくれて凄く安心して点滴を受けれました。先生本当にありがとうございました。
しかも初日は何かあったときの為に集中治療室で行い、他の二日間も遠隔心電図をつけての点滴となりました。

点滴中は手をあまり動かしてはいけないので、やはりここでも私の秘密兵器iPadスタンドが大活躍です。私の入院のお供にはこいつは必須となりました。

あと、純粋に必須なのがたこ足配線です。今の時代充電器だけでもいくつも必要なのに入院部屋には多くても2口しかありませんので、たこ足配線は入院には必須アイテムです。

幸いこの日も問題なく終え、結局3日間何も起こらずに終えることができました。
初日以外でも主治医の先生はじめ、看護師さんたちも足しげく私の容態を確認しにきてくれて本当に安心して入院することができました。
皆さま本当にありがとうございました。

 

入院中は普通に3食食べます。当然私はIgA腎症末期なのでそれに見合ったご飯が出ます。がこの病院は本当にご飯がおいしいので楽しんでいます。
入院前に病院のご飯はおいしくないと聞いていたのですが、この病院のご飯は味付けもバリエーションも多く飽きませんでした。

時間をかけて点滴をするのでたまにご飯の時間と重なりましたが、先生から点滴を打ちながら食べても大丈夫ですよ、と言われていましたので点滴しながら食べた日もあります。

 

副作用でランナーズハイみたいになって寝れない!そんな話は聞いていて私も実際3日間ほとんど寝れませんでしたが、これは副作用なのか神経質なくらい人見知りで、枕が変わると元々寝れない気質なのでそれが効いて寝れないのかはわかりません。

ただ、2日の昼頃からしゃっくりが止まらないという変なアレルギーは出ましたが、偶然持っていた私の大好物であるレンコン飴を食べると少しマシになりました。
最近の飴はすぐにとけますがこのように昔の堅い飴は長続きして舐めれるので、そういったのが効いたのかもしれません。間違ってもレンコン飴の効用でしゃっくりが止める何てことはありませんので誤解しないようにしてくださいね。
※当方はそういった嘘をついて物を買わすアフィリサイトではないので※

それ以外は特に異常なくステロイドパルス治療を終え退院、無事帰宅しました。

 

帰宅後に副作用が出たのでそれは次回の記事で紹介したいと思います。
【IgA腎症末期患者の闘病記:25】実際受けた患者が語るステロイドパルス療法の副作用



-IgA腎症闘病記

Copyright© 大阪のおじいさんの老後ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.