大阪のしがないおじいさんの日々のブログ

大阪のおじいさんの老後ブログ

IgA腎症闘病記

【IgA腎症末期患者の闘病記:13】IgA腎症治療の為の扁桃腺摘出手術を行う【2日目(第1部)】手術

更新日:

遂にIgA腎症治療に向けた扁桃腺摘出手術の朝を向かえました。

朝6時に起床です。病院の朝は早いですが夜も21時消灯なので眠たくはありません。(個室は電気もつけれて自由ではあります)
私の場合は先述したとおり気にしいで寝付けない派ですが、前夜は睡眠導入剤を渡されて飲んでいましたのでスッキリしていました。

朝一から体温や血圧のチェックです。
私は12時ごろから手術予定でしたので、朝ごはんは無しで8時以降は飲むことも厳禁となります。

9時から点滴を打ちます。
初めての人は驚くでしょうが、手術用の注射針は長く太いです、刺したあとグイグイ入っていく感じがありますが、ある程度の大人であれば痛いと騒ぐ程度ではありません。刺した後は術後も点滴が外れるまで生活のお供になりますが、痛いと感じるのはこの刺す瞬間だけです。ただしそのグイグイが少々不快ではあります。

この時に私服から手術用の服(浴衣のような服)に着替えます。今までTシャツ短パンだったので一気に手術感が出てきて、若干ナーバスになります。
その後は手術まで特にすることも無いのでのんびりします。
ウンチは自然には出ませんでしたが搾り出し、浣腸という拷問は逃れました。

扁桃腺除去手術
手術のお知らせが来ます。
点滴を自分で持ってカラカラ言わせながら看護師さんに連れられて手術室がある階まで歩き、入り口に入って看護師さんが手術室のスタッフに色々伝える間少し待ちます。
緊張のボルテージは張り裂けます。

まもなくして手術室内部に入ります。ドラマでよく見るあの風景が目に入ります。
そして人の多さに少し圧倒されます。それぞれ1つ1つの作業にスペシャリストがいてそういった人数になるのだと思います。
耳鼻科という事で子供さんの手術も多いので、かわいい人形やらも飾ってありました。

名前の確認をし、思ったよりも狭いベッドへまずは腰掛けて、そこからゆっくりと寝転びます。
頭の部分と足の部分には圧を避けるためのジェルが配置してあって、そこに体を乗せるとゆっくりと沈みフィットしました。

ここからは高速です。

それぞれの担当者が一気に作業を始めます。
「服開きますね~」「心電図とりますね~」「ちょっと冷たいです~」
何か色々な言葉が飛び交います。

扁桃腺除去手術は全身麻酔での手術ですので生まれて初めて人口呼吸器をつけました。
思ったより小さいです、本当に鼻と口とをギリギリ同時にふさげるくらいの大きさです、取り付けてからは思ったより息を吸えずに少し息苦しいな、とう感覚を覚えました。
ここまで1分もあるかないかです。

そして主治医の先生が「は~い、じゃあ点滴に色々な薬も入れますね~~、入ってきたら少し咳が出るような感じがしま~すね~」と言われました。
そして数秒後に確かに少し咳でそうだな~、と思って息を吸った途端、眠る直前のような深い息をしました。

そして時間はいきなり飛びます。
「はーい!終わりましたよー!!」で、自分が寝ていたことに気付きます。

何と扁桃腺摘出手術は既に終わっていました・・・。
全身麻酔ってこういうことなんです・・・。

そしてついに地獄の術後が始まります・・・。
【IgA腎症末期患者の闘病記:14】IgA腎症治療の為の扁桃腺摘出手術を行う【2日目(第2部)】手術後の異変



-IgA腎症闘病記

Copyright© 大阪のおじいさんの老後ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.