大阪のしがないおじいさんの日々のブログ

大阪のおじいさんの老後ブログ

ゲーム

PC版 CITIES SKYLINES のゲームレビューと起動最小スペック紹介 Macbookでの動作確認

更新日:

久しぶりにゲームを購入して久しぶりに時間を忘れてどはまりした「CITIES SKYLINES」を本日は紹介します。

STEAMでゲームを購入するようになってからセールがあれば大量購入し、プレイするのは毎回一個だけで結局は積みゲーにしている私ですが、今回ははまりまくりました。

 

ようはシムシティど同類の街育成ゲームです。
シムシティは最新作で大コケしてしまい会社自体も解散という悲劇を迎えたことから、何と、自分達が理想とするシムシティを作ろうと、作られたのが本作なのです。

なので、完全ユーザー視点で作られたユーザーの為のゲームとなっており世界をまたにかけた大ヒットとなりました。
お値段も3000円ほどでセールをまたげば2000円で購入できるという、超お買い得なゲームです。

 

特長を生かした数々の大陸からお気に入りの大陸を選びゲームがスタート。

川から水を引き、発電所を作り道を引いて、地域を指定。
住民が住み始めたら、仕事場を作り、商業地区を作り、将来の産業発展を見越して学校を整備し、ストレス破発散の為に公園を作って、住宅が密集しては犯罪が起こり警察署を立て・・・。
・・・楽しい時間が永遠続きます!

3~4時間はあっという間です。
国民が10000人を越えたあたりから少し難易度が上がり、「あ~~~!始めにあーしとけばよかった!」なんて、また、初めから笑顔でやり直す。
これの繰り返しです。

本当に何度やっても面白いです。

 

そして何よりもすごいのが有志によるMODウェルカムなゲーム体制なので、有志によるMODの数が半端ないです。
世界中で作られるので、永遠に遊べます。

MODというのは、プレーヤーがゲームに付け足せるオプションという意味で、例えば建物の絵を変えたり、新しい建造物効果が違うアイテムなど、無限大の可能性を秘めています。
吉野家があったり、コンビニなんてのもあってゲーム中に建設された時はテンションが上がります。

MOD導入は普通敷居が少し高いのですが公式にOKなMODですのでクリック一つで導入でき、削除をスイッチ一つでできます。

 

最高画質ではi7 メモリ16GB GTX750tiでさくさくです。
低画質でOKならば、2012Macbookpro retinaでもさくさく動きます。

お正月にやるゲームが決まってない方はこれ一本で三が日余裕でOKです!



-ゲーム

Copyright© 大阪のおじいさんの老後ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.