大阪のしがないおじいさんの日々のブログ

大阪のおじいさんの老後ブログ

パソコン

301リダイレクトでフォルダ階層問題勃発もグーグルさんを信じて

投稿日:

301リダイレクト。素人の私でもたまに使用する言葉で、今回当ブログのドメイン関係の移行で久しぶりに必要となり調べましたが、ちょっとややこしいことになったので記事にします。

 

簡単に言うと301リダイレクトとはサイト移動の時に以前サイトがあったところにここのお店はあそこに移動しましたよ、と立て看板を残すことです。
見に来た人が困らない為もありますが、大きな要因としましてはやはり当店を紹介してくれている雑誌などへもそのお知らせが行くようにすることで、それはネットで言う所の検索サイトですね。

ほったらかしのままだと、誰かがラーメンの事でうちのサイトにたどり着いたのにあれ・・・・見せないジャン!となってしまうところを、雑誌の住所も変更してくれればその問題は起こりません。

で、それをしようとした所、とっても困った事態になりました・・・。

 

ドメイン指定をフォルダの階層間で行った為、新しい所のフォルダにドメインをつけてしまうと元のフォルダは無かったことになってしまい、元地が無い、つまりは看板を掲げれないという事になりました。

どっちかを立てればどっちかが消える・・・。えらいこっちゃです・・・。
うーん、だからといって別ドメインを作ってまたワードプレスインストールしてデータ移動して、で、そこに看板立てるってやれば問題なんて無いのですが、そこまでするのもな・・・・・。

 

少しアフェリエイトやろうとおもってやったことが、逆に客足を断絶すると言う始末で、本末転倒に。
しかしでも、それが何か私っぽいといえば私っぽいのであります。

実は冒頭で、何もしなければそのまま、と書きましたが、良い意味でも悪い意味でもグーグルさんは凄いので、自身の検索結果にミスが増えることを嫌います。つまり、同じ文章で元サイトが無くなり、新しいサイトの構成が同じ場合は自動でリンクを書き換えてくれるのです。
たしかに303リダイレクトを宣言するよりかは遅いと思いますが、こうなった以上一体303リダイレクトがない状態で、どれだけのスピードでサイト交換が行われるのか見てみたいと思います。



-パソコン

Copyright© 大阪のおじいさんの老後ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.