大阪のしがないおじいさんの日々のブログ

大阪のおじいさんの老後ブログ

パソコン

Adobe Premiere用に玄人志向GTX1060 3GBを購入

更新日:

Adobe Premiere用に玄人志向GTX1060 3GBを購入

最近動画のお仕事を頂いており、かなり大きめに出力予定ですので書き出し速度向上に向けてグラボを増強しました。
今まではゲーム用にGTX750tiを積んでいたのですが、コチラは残念ながらAdobe公式にはPremiere非対応製品ですので、今お安くなっているGTX1060を購入してみました。

3GB版と6GB版で悩んだのですが、調べたところ動画書き出しに必要な数値、CUDAコア数で言えば130ほどしか変わらないのでそれで7000円高いのならば、また安くなってからでよいかなと思い、今回は3GBの方を22000円(2017年1月時点(安かったなー笑))くらいで買いました。
ネットでもこれくらいが底値だったのですが、ソフマップの店頭でも同じ金額で売られていたので店頭で購入しました。

 

パソコンケースを開いてGTX750tiを抜いてGTX1060を挿入。GTX750tiと違って補助電源がいるので6ピンを差し込みます。
後は蓋を閉めて各種モニタをつないで電源ON。

あれ・・・・
何故かwindowsがセーフモードで立ち上がります。
何度再起動しても同じ・・・。

 

で、今頃になって付属されていたドライバーをインストール!
が・・・エラー・・・・・。
「既に同じソフトが入っているので入れれません」と出ます。

確かにGeforce Experienceは既にGTX750tiの時に入れています。
ならばと、既にインストール済みのGeforce Experienceをダブルクリックすると起動するやいなや、ドライバのアンインストールが始まり、そのまま新しいドライバーのインストールが始まりました。
結局これが功を奏したのか、無事再起動後に画面は正常に戻り普通に今も使用出来ております。
今思えば当然ですよね・・・だってグラボの会社違うんだもん・・・・。当時はまだ若かった私・・・。

 

ただ、大変だったのが、セーフモードでの設定時に画面が800×600になっており、Geforce Experienceの設定画面の下側が見えないので、OKボタンやインストール状況が一切分かりませんでした。とりあえず適当にtabボタンをおしてはenter押して山勘でやっていたら上手くいきましたが、これは多分やり方間違っているんでしょうね・・・・。

そしてインストール後、Photoshopは自動でグラボを認識して使用状態になっておりましたが、Premiereは何故か認識されていない模様。
調べると、PremiereはGTX10603GBが公式には未対応なようですが、自分でグラボ名を書き足すとちゃんとグラボの性能を生かして書き出し可能という事で書き足したところ使用可能になりました。

C:\Program Files\Adobe\にあるcuda_supported_cards.txtにGeForce GTX 1060 3GBを書き足します。
その後、3D設定の管理でAdobe Premiere Proを選んでマルチディスプレイ/ミックスGPUアクセラレーションを互換性パフォーマンスモードに変更したらOKです。

あとはGeforce Experienceコントロールパネルで認識しているかを確認。
最後はPremiere内の設定で高速GPUレンダリングとなっていれば準備OKです。

 

本日はまだ書き出す予定が無いので使っていませんが、次回の使用が楽しみです。
今まではi5の老兵CPUに頼り切っていた書き出しですが、GPUパワーを見せてもらいましょう。・・・といっても、まあQuadroにはかなわないのですが・・・・。さすがにグラボで100000円はキツイorz



-パソコン

Copyright© 大阪のおじいさんの老後ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.