大阪のしがないおじいさんの日々のブログ

大阪のおじいさんの老後ブログ

RK2020 Aluminum ゲーム

【2】RK2020 Aluminum 徹底感想レビュー「外観をチェックし旧版と比較」

更新日:

前回開封の儀を行った最新版のRK2020 Aluminumバージョンですが、今回は外観を徹底的にレビューしつつ、旧版との比較をしていこうと思います。

今回は初めてとなるLDK GAMEさんからの提供で皆様にお伝えいたします。
LDK GAME直販サイトで購入したい方はコチラです。
LDK GAME直販サイトでのRK2020 RK2020 Aluminum 販売ページ

それでは早速メインの4つボタン。

「ん・・・・・」
何と押す角度によってゴリゴリします。
酷い時はボタンがボタン穴の側面にひっかかって戻らない・・。こ・・これは・・・。
特にAとY、更にAが酷いですね・・・・。(XとBは普通です)
ただし頻繁になるわけではないので実際にゲームをある程度楽しんで、その中でどれほどこれらが影響してくるかを後に試しましょう。

この様にボタンの横に傷が入っているのがわかりますよね。
つまり筐体に擦ってしまっているという証拠です。

スタートとセレクトボタン

前回のRK2020のバージョン3よりももう少しでっぱりを持たせてさらに押しやすくなっています。
RK2020 Aluminumになっての良い改変ですね。

LRボタン

バージョン3よりもカチカチ感が少なくなって穏やかなクリック感になり押しやすくなりました。

十字キー(Dパッド)

「わ・・・・」
十字キーを回転させるとメインの四つボタンと同じでボタン穴の側をこする感覚があります。
はい、このようにボタン横が粉ばって擦れているのがわかりますね。
ただし、少し面白いのが何度もこれをやっているとい意味でボタン横が擦れて削れ、擦れている感覚が無くなりました。怪我の功名とはこのことですね。

アナログスティック

これはバージョン3とほぼ同じ感覚ですので問題なく動作しそうです。

RK2020 Aluminumの上部側面

他機種と比べてみましょう。
RK2020のバージョン3で回収された電源ボタンですが、更に凸の球体部分が大きくなって押しやすくなりました。これは良いですね。

本体下側面
他の機種との比較。

バージョン3と同じで緊急リセットボタンは廃止のままです。

RK2020 Aluminumの裏面

RGのMシリーズと同じように滑り止めのラバーが付いています。

では大きさチェック。

横:14.2cm
縦:6.3cm
厚:1.5cm

次に重量です。

何とRK2020 Aluminumよりも小型のRG280Mとほぼ同じ重さという事でそう考えると軽い出来栄えですね。

はい、いかがだったでしょうか。
正直かなりショックを受けた方もおられると思います。
ただし、これは提供で送られて来た物なので事前のプロトタイプかもしれませんし皆様に配送されるものはこうでない可能性もありますし、そうなのかもしれませんし、そもそも個体差の範疇かもしれませんが、一応うちに来た物を正直レビューしました。

あとはこの辺りが実際にプレー中にどれほど気になるか。そして実際にゲームに弊害が出るのか。
そのあたりもまた次回以降伝えていきますのでお楽しみにして下さい。

こちらRK2020 AluminumバージョンはLDK GAMEさんの提供でお送りしています。
LDK GAME直販ショップでは1000円安い11,999円で発売中です。
気になる方は買ってみてはいかがでしょうか。

LDK GAME直販サイトで購入したい方はコチラです。11,999円
LDK GAME直販サイトでのRK2020 RK2020 Aluminum 販売ページ

【3】RK2020 Aluminum 徹底感想レビュー「旧版との液晶比較&初期OSをチェック」

これら記事は下記のお爺さんの公式Youtubeチャンネルで全て実際にプレイしている動画を挙げてますので、合わせて参考にして下さい。
まだチャンネル登録お済でない方は登録していただけますと嬉しいですし、高評価頂けますと次作品への元気になります。
ゲーム老人チャンネルhttps://www.youtube.com/channel/UC12oO7Nhb7-guQ8NNbm2_GQ



-RK2020 Aluminum, ゲーム

Copyright© 大阪のおじいさんの老後ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.