大阪のしがないおじいさんの日々のブログ

大阪のおじいさんの老後ブログ

GPD WIN ゲーム パソコン

オクトパストラベラーが初代GPDWINとGPDWIN2で出来るか検証

投稿日:

偶然STEAMで以前見つけて以来、久々に欲しいなと思って購入したオクトパストラベラーですが、「まあこれくらいならGPD WINで動くだろう」と思っていていたら意外な結果が出たので簡単ですが、気になる方もいるだろうと思いますので記事にしておきます。

オクトパストラベラーが初代GPDWINとGPDWIN2で出来るか検証

まず、初代GPD WINでは基本厳しいと考えてください。
画面設定で全て「低」に設定すれば、fp10~20位で、ゲームができないというレベルではないですが、ひっかかりを感じるスピードでプレーをすることは出来ますが、戦闘への出入りが非常に長かったりとRPGとしては致命的なレベルです。
あとはやはりフルパワーでこんな感じなので、GPD WINへの負担も大きく長時間プレーするRPGですのでそれは尚更となります。
ただ、どうしても移動時間などで少しでもレベル上げをしたい、という感じであれば全くできないことはありません。

オクトパストラベラーが初代GPDWINとGPDWIN2で出来るか検証

次はGPD WIN2ですが、こちらは「高」では若干もたつきがありますが「普」であれば問題なくプレーできます。更に「低」にすればパソコン並の快適なプレーが可能です。さすがGPD WIN2といった感じです。

比較はこんな感じですが、この比較をするにあたって感じたことは、このゲーム、正直ゲーム設定の高低を大きく調整していないと感じました。
普通のゲームであれば、画面設定が5段階くらいあればそれなりに画面が綺麗になったり汚くなったりしますが、オクトパストラベラーでは設定を変えても大して画面が変わらないのです。設定を変えていて感じたのは、解像度などは変わらずに「フィルタ」を変えているだけ?と感じました。

なので画面の高低を変えても画面はずっときれいなのです・・・。だから設定を変えても動きにあまり変化がないのですよね。多分この辺りをちゃんとスクエニがしていれば深度などを変えて初代GPD WINでももっと快適に動いたと思います。

何故か以前からスクエニはパソコン版のゲーム発売は本当に手抜きで販売をする悪い癖がありますね・・・・。

これに関して言えることは、2Dゲームっぽく感じるゲームですが、そこそこのスペックを求めるゲームで、「うちのパソコンでも大丈夫だろう」と高をくくって購入すると意外と動かないこともあり、じゃあ設定を低くして・・といじっても結局動作しないという事もあるので、パソコンスペックには注意して購入しましょう。



-GPD WIN, ゲーム, パソコン

Copyright© 大阪のおじいさんの老後ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.