大阪のしがないおじいさんの日々のブログ

大阪のおじいさんの老後ブログ

HyperSpin ゲーム パソコン

HyperSpinの使い方 日本語解説 4回 「HyperSpinにRocketLauncherを使ってエミュレータを導入しよう」

更新日:

遂に来ました!では今回はHyperSpinにエミュレータを入れる方法を日本語で初めてご紹介します。本当にHyperSpinの日本語解説のサイトはないので結構レアなのではないでしょうか。
ちなみに必ず導入前に前日の記事を読んで了承した人のみ導入してくださいね。
そして必ず第1回2回記事を読んで間、HyperSpinとRocketLauncherを違いのない様に導入しておいてください。

HyperSpinの使い方 日本語解説 0回 「事前知識と基礎準備と心構え」
HyperSpinの使い方 日本語解説 1回 「各種データの配置」
HyperSpinの使い方 日本語解説 2回 「RocketLauncherの設定」
HyperSpinの使い方 日本語解説 3回 「エミュレータ導入方法前の事前知識」
HyperSpinの使い方 日本語解説 4回 「HyperSpinにRocketLauncherを使ってエミュレータを導入しよう」

HyperSpinの使い方 日本語解説 4回 「HyperSpinにRocketLauncherを使ってエミュレータを導入しよう」

かなり画面を行ったり来たりしますので勝手に名称をつけておきます。
名称は以下の通りですので、「横メニュー」と「上メニュー」と「メイン画面」の意味を把握していてください。

そして今回はファミコンの設定を例に記事を書きます。
でははじめます。

HyperSpinの使い方 日本語解説 4回 「HyperSpinにRocketLauncherを使ってエミュレータを導入しよう」

①RocketLauncherUIを立ち上げ、左メニューのGlobalを選び、上メニューのEmulatorを選択。
この時に人によってはメインメニューにズラッと色々な文字が出る人と出ない人がいます。私もどちらの事が起こりましたので、今回は最悪でなかったパターンで書いていきます。
幸い表が出た人はこの出なかった方法を参考に設定してください。出た人の方が正直楽です。

HyperSpinの使い方 日本語解説 4回 「HyperSpinにRocketLauncherを使ってエミュレータを導入しよう」

②メインメニューの黄緑色の+ボタンを押します。

HyperSpinの使い方 日本語解説 4回 「HyperSpinにRocketLauncherを使ってエミュレータを導入しよう」

③するとこんなポップアップが出るので以下のように各種設定します。

Name:自由で構いませんが、今回はFamikon
Path:エミュレータのある場所を右側の虫眼鏡をクリックした後に選んでください。普通は管理しやすいようにC/HyperSpin/Emulator/の中に、フォルダ分けします。今回はNestopiaを用意しておいてください。
Rom Extenshons:ゲームデータの拡張子を書き込みます。複数の種類があるならば「|」この縦線で区切ります。例えばzipと7zがあれば、zup|7z、こんな感じになります。
Module:これは既に記事にしているのを読んでくださいね、使用するのはNestopiaのモジュールですので画像のようにまずは虫眼鏡アイコンをクリックして、ずらっと出てくるModuleのなかからNestopiaのモジュールを選んでください。

他は書き込みなしで大丈夫ですので、最後に左上のフロッピーディスクのアイコンを押してセーブしてください。

HyperSpinの使い方 日本語解説 4回 「HyperSpinにRocketLauncherを使ってエミュレータを導入しよう」

④左メニューの左上の+ボタンを押します。
すると今な感じのポップアップがNextを押すたびに切り替わりで出るので各種以下のように設定してください。ここに書いていない設定はノータッチで大丈夫です。

HyperSpinの使い方 日本語解説 4回 「HyperSpinにRocketLauncherを使ってエミュレータを導入しよう」

Name:自由で良いですが、Nitendo Famikonとしましょう。
Emulator:これは先ほど作ったFamikonを選択
Rompaths:ゲームデータが入っている場所を選択しましょう

HyperSpinの使い方 日本語解説 4回 「HyperSpinにRocketLauncherを使ってエミュレータを導入しよう」

⑤いよいよラストスパートです頑張りましょう!C/HyperSpin/Databasesの中にNitendo Famikonというフォルダが出ていて、その中にNitendo FamikonというXMLデータがあるので、それをメモ帳で開きましょう。

HyperSpinの使い方 日本語解説 4回 「HyperSpinにRocketLauncherを使ってエミュレータを導入しよう」

⑥ズラッと英語の文章が出ていると思いますが、少し見たらわかる通りからまでが1くくりになっていて、この中のの部分が実際にHyperSpinに表示されるゲームの名前、の部分がゲームデータの名前となっております。
つまり保存しているドラクエの名前が「DQ1」で、HyperSpinに「Dragon Quest」と表示させたければ、以下のように設定。

Dragon Quest

ENIX
1986
RPG

Yes

より下の部分は、皆さん自身で調べて自由に書き込んでください。
ゲームの種類や会社年号などは、きっちりと入れておくとジャンル分けで表示なども出来るのでその時に便利ですが、結構大変です。。。ただ、この辺りが「大人のヤリガイ」になります(笑

はい!これではれて、あなたのHyperspinのホイール欄にNintendo Famikonという名前が出ています、それが今設定したしたにファミコンエミュでプレイができます!
ちょっと面倒なようで文字に起こすと意外と短いですね。

 

これが全てのもとになる知識になります。これさえわかれば他のエミュもなじ手法で全て入れるだけですので、ぜひぜひ遊んでみてください。
これはまだまだあくまで登録方法で画像の入れ方、メニューへの戻り方など徹底的にカスタマイズできるのがRocketLauncherの良いところですが、それはまた時間ができましたらちょこちょこ書いていきますね。

いやいや本当に各ネタはどんどん増えるのに、まったく書く時間がないというジレンマのなかでも、やっぱりゲーム実況もしてしまうというこのじれんま。。。。一日が60時間であれば。。。。

※散々書いておりますが、HyperSpinはあまりに動かない原因が多いので、動かないなどの質問の答えは各自海外サイトを参照してくださいね!私も一人で海外サイトで知識をつめましたので必ず答えは掲載されています!

●Hyper Spin導入完成までの道のり関係の記事はコチラ↓

GPD WIN 2にHyperSpinを入れるための勉強中ですHyperSpin導入断念のお知らせ・・・

日本語説明、HyperSpinのまさかの続報

日本語解説!HyperSpinの続報2

日本語解説 HyperSpinの現状とXhotkeyエラーに対する考察

GPD WIN 2にHyperSpinを導入中

HyperSpinの使い方を完全制覇!!遂にXhotkeyの謎が解け、RocketLauncherとの連携に成功!

HyperSpinをGPD WIN 2に導入するも難関連発中

HyperSpinの使い方 日本語解説 0回 「事前知識と基礎準備と心構え」

HyperSpinの使い方 日本語解説 1回 「各種データの配置」

HyperSpinの完全導入が終了しました

HyperSpinの使い方 日本語解説 2回 「RocketLauncherの設定」

HyperSpinの使い方 日本語解説 3回 「エミュレータ導入方法前の事前知識」

HyperSpinの使い方 日本語解説 4回 「HyperSpinにRocketLauncherを使ってエミュレータを導入しよう」

GPD WINにHYPER SPINを入れるとエミュレーター起動がハックPSPの様に楽になる



-HyperSpin, ゲーム, パソコン

Copyright© 大阪のおじいさんの老後ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.